唯我独尊、NAHAVAND。Gotch&mabanuaプロデュースで飛躍したサウンド、絶対的な確信を語る。

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:後藤倫人 

後藤正文が主宰するonly in dreamsからNAHAVAND(ニハーヴァンド)が新作をドロップ。トラップを取り込み飛躍した楽曲と、Gotch & mabanuaのプロデュースで洗練されたサウンドで目指すバンドの未来とは。『Vandalism』に貫かれた剛毅な意志に迫る。

<傲慢すぎる俺の才能>、<偉そうにすんな 俺をミスチルかB’zと思え >ーー実に痛快だ。NAHAVANDのアルバム『Vandalism』には「言いたい事」が詰まっている。ここに綴られているのは歌い手の半径1mのリアルであり、一人称は「俺」、他でもないオマエに訴える音楽だ。

まだNAHAVAND(ニハーヴァンド)と聞いてもピンと来ないリスナーは多いはずだが、自信を持って紹介したい。彼らは一言で言えば鎖を食いちぎった獣であり、トラップやエモラップ、ロックンロールを結び付け、粗暴で暴力的なラップを聴かせるふたり組である。それでいて音にはどこかポピュラリティがある。それもそのはず、プロデュースはあのGotchとmabanuaだ。成功に飢えた音楽が出てきた。これが嘘のない音楽だ。

「お前はロックスターになれる」

ーサウンドのテクスチャーは、何よりもGotchとmabanuaがプロデューサーとして参加したことが大きかったんじゃないかと思います。おふたりとは、どういうコミュニケーションを取りながらアルバムを作っていきましたか。

インタビュイー画像

Miyauchi:

mabanuaさんは俺らが送ったトラックを組み替えたりもしてくれて、ここでその音もう1回持ってくるのかって思うような驚きが多くて、本当に作品を作る上で学びが沢山ありました。
インタビュイー画像

Tokisato:

僕もmabanuaさんにはめちゃくちゃ勉強させてもらいましたね。それまではエフェクトやら音域やら専門的な知識が全くない状態で。だから僕ひとりではできなかった音をどんどんmabanuaさんが引き出してくれました。
インタビュイー画像

Miyauchi:

あと、Gotchさんからもアドバイスもらってたな。
インタビュイー画像

Tokisato:

そうだね。僕はギターを弾いている分には高音よりも低音で歪んでいる音の方が好きなんですけど、トラックに合わせようとすると高音の方が大切だったりする場面は多くて。それはきっと初歩的な話しなんですけど、そういうところも含めて音の作り方を教えてもらいました。mabanuaさんから返ってきたトラックを聴いても、結構ローはカットされていたり、そういう発見がありました。音にメリハリがついたなって思います。

ーなるほど。元々どういう意図があってmabanua氏に依頼しましたか?

インタビュイー画像

Miyauchi:

俺はSALUさんの『Good Morning』っていうアルバムが好きなんですけど、mabanuaさんがそこで1曲プロデュースしていて、その曲が凄くポップだったんですよ。元々mabanuaさんは黒い音を鳴らす方っていうイメージが俺の中にあったから、その曲を聴いた時凄く意外だったんですよね。今後の俺達に足りないのはポップさだと思ったから、そこを補う意味でmabanuaさんにお願いしました。

ー「ポップさが足りない」っていう判断を下したのが、凄く面白いなと思います。このリリックと音楽性だったら、ポップさがなくてもひとつの作品として完成させることはできたんじゃないかと思うですよね。

インタビュイー画像

Miyauchi:

うん、そうですね。『Vandalism』っていうアルバムは、ドープでアンダーグラウンドな方向に振り切ろうと思えば、それもできたと思います。

ーそれにも関わらず、何故この『Vandalism』にはポップさが必要だと思いましたか?

インタビュイー画像

Miyauchi:

Post Maloneがセカンドアルバム(『Beerbongs & Bentleys』)を出した時、1stよりもずっとレンジが広くてポップな音に変わっていて あのアルバムを聴いた時に、俺もこういう音でミックスやアレンジをしてもらいたいっていう気持ちになりました。

俺はXXXTentacionの「Look At Me!」みたいな暴力的な音も好きだけど、今回のアルバムはそういうものにはしたくなかった。自分達が作るアルバムを、J-POPの並びにあってもおかしくないようなアルバムにしたかったんです。

ー凄くハッキリと言うと、それはアンダーグラウンドでくすぶっているようなバンドでいるのではなく、大きい舞台で勝負したいっていう気持ちの表れですか?

インタビュイー画像

Miyauchi:

そうですね。やっぱり大きいところでやりたい。お金のかかったリッチな音を鳴らして、デカいところで自分のラップをかましたいし、デカいところでTokisatoのギターが俺の隣で鳴っている景色が見たい。Gotchさんに「良い作品を作り続けたらお前はロックスターになれる可能性がある」って言われたことがあって、俺はそのつもりで今作の1曲目から10曲目までを完成させています。


次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NAHAVAND(ニハーヴァンド)
Miyauchi(Vo.)、Tokisato(Gt.)によるロックユニット。
自主制作の1stアルバム『最強のふたり-Two Of Strongest-』でデビュー。
2018年、Circus OsakaにてDJ KiMと共にオールナイトパーティ“Vandalism”を始動し、これまでに小林祐介(THE NOVEMBERS),環ROY,Olive Oilを迎えた。
同年、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)主宰のレーベル“only in dreams”に所属し、2019年、Gotch & mabanua(Ovall)が全曲プロデュースを手掛けた2ndアルバム『Vandalism』を5/8にリリース。
閉じる