放課後ノリのファンクネス。ディープファン君が夢みる世界|Music DNA #007

編成・年齢など、いまいち素性がつかめないが、やたらオーセンティックなファンクサウンドで注目を集めるファンクバンド「ディープファン君」。<FUJI ROCK FESTIVAL ’17><りんご音楽祭>への出演など、その勢いは増すばかりだ。スルガアユム(Vo)、ユーセー(MPC、Beat making)、チャンサキ(Vo)がインタビューに登場。未だ謎の多い彼らの素顔とルーツに迫る!

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

神岡真拓

AUTHOR

Photographer

神岡真拓

Writer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

RELATED ARTICLE

Interview

制約が表現の幅を広げる?チップチューンの魅力とは|Music DNA #003

Interview

コスプレイヤーもアーティストも、みんな役者?MONICOが「世界観」を大事にする理由 |Music DNA#011

Interview

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

Interview

音楽と生きてきたMISTAKESの考える男の美学|Music DNA#013

Interview

現実と非現実の交差点。メタポッププロジェクト・Frascoの誕生とシンバム戦略とは | Music DNA#23

Interview

時代に流されないメロディを。大比良瑞希の軌跡と挑戦 | Music DNA#15  

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
東京を拠点に活動する男女ボーカルのファンク・バンド。中心メンバーはスルガアユム(Vo)、ユーセー(MPC、Beat making)、チャンサキ(Vo)。「FUJI ROCK FESTIVAL '17 ROOKIE A GO-GO」や「りんご音楽祭」などのフェスに立て続けに出演し、注目を集めている。
閉じる