paionia

paioniaが即席結成から10年積み上げて得た今とこれから|BIG UP! Stars #01

BIG UP! Stars

文: 久野麻衣  写:松村雄介 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第1回目はpaioniaが登場。

即席バンドから10年

ー音楽始めたきっかけを聞かせてください。

インタビュイー画像

菅野:

僕は二つ上に姉がいて、高校生の頃に太陽族とか銀杏BOYZのコピーバンドを組んでいてすごく楽しそうだったんです。それで興味を持ってベースを始めて、いつか自分もバンド組めたらいいなって思ってたんですけど、バンド組む友達とかもいないから、高校は祖母の家の2階で黙々とベースを弾いてるだけの3年間でしたね。
インタビュイー画像

高橋:

へんてこりんなやつだよね。

ー高橋さんはいかがですか?

インタビュイー画像

高橋:

僕は親父が吉田拓郎井上陽水が好きで、家でたまにアコースティックギターを弾いてたんですよ。それで小6の時に「お前もやれ」ってギターを渡されて、嫌々やってたんです。でも、それがいつの間にか楽しくなって…。

ー楽しくなるタイミングはどこだったんですか?

インタビュイー画像

高橋:

普通、ギターってコードから練習するじゃないですか。初めはコードの移動もスムーズにできなかったんですけど、それが初めてスムーズに「C−G」って鳴らせた時に「音になった」と思ってゾワっとしたんです。

ーどんな曲を弾いてたんですか?

インタビュイー画像

高橋:

最初19ゆずを弾いてました。でも、中学に入るとエレキギターが弾きたくなって。それで、何を思ったか、絶対誰とも被らない音楽をやりたいと思ってビジュアル系にいったんです。当時はPIERROTにどっぷりハマってました。

ー今のバンドと比べると、すごく意外な方向ですね。バンドも組んでたんですか?

インタビュイー画像

高橋:

高校に入ってから、ビジュアル系バンドを組んでました。当時は歌は歌わず、ずっとギターでしたね。

paionia

ーそんな二人はどこで出会ったんですか?

インタビュイー画像

高橋:

高2のときにジャズ研究部で出会ったんです。

ージャズを演奏する部活ですか?

インタビュイー画像

菅野:

いや、みんな部室に機材が一通りあるっていうことだけで入るので、好きな曲をやってました。

ーその時は二人で一緒にバンドをやろうはならなかったんですね。

インタビュイー画像

菅野:

高橋がビジュアル系やってたからね。
インタビュイー画像

高橋:

そっちの方が忙しかったんで(笑)。と言っても、高2くらいから違和感を感じはじめて、菅野とか他の部活の友達たちからいろんな音楽を教えてもらったんです。その中で一番デカかったのがSyrup16gでした。そこから、今の方向になったというか。

ー二人が一緒に始めるきっかけは何だったんですか?

インタビュイー画像

高橋:

高校を卒業して、菅野はストレートで大学に行って、俺は浪人したんですけど、その時に地元の福島でヤマハ主催の「ミュージックレボリューション」っていう大会に出てみようって話になって、即席っぽくバンドを組んで、オリジナルで曲を作って出たんです。
インタビュイー画像

菅野:

それが初めて作った曲かな。
インタビュイー画像

高橋:

歌詞から歌メロから全部作ったのはそれが初めてでした。それを引っさげて、先輩にドラム叩いてもらって。でも、出たら「カポの位置が高すぎる」って言われただけでなんともならなかったっていう(笑)。

ーでも、そこからずっと今まで二人で続けてるっていうことなんですね。

インタビュイー画像

高橋:

そうですね。その後大学に入ってサークルでドラムを見つけて、3人で改めて始めたんです。初めてのライブは吉祥寺WARPに出させてもらいました。

ーもう10年ぐらい一緒にいて、お互いはどういう存在ですか?

インタビュイー画像

高橋:

バンドメンバーで、友達で、同級生で、この関係性は他の何にも当てはまらないというか…。
インタビュイー画像

菅野:

飲みにいったりとかしないしね。
インタビュイー画像

高橋:

そんなに一緒に遊んだりとかはしないね。
インタビュイー画像

菅野:

バンドメンバーとしては彼は真面目だと思います。 他の人とがっつりバンド組んだことないからわからないけど。
インタビュイー画像

高橋:

俺は自分でもわかってるんですけど、色んなものに影響を受けやすいんです。シロップを教えてもらった時からそうなんですけど。でも、バンドは俺の感覚だけでやっていくものじゃないんで、色々な場面でハッとしたり、忘れかけていたものを気づかせてくれたりしますね。

paionia

次ページ:人生は自分一人のものじゃない

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

松村雄介

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

paionia
福島県で生まれ育った高橋勇成(Vo/Gt)と菅野岳大(Ba)が中心となり 2008 年に結成。
そのバンド名はゆらゆら帝国の曲名に由来するらしい。
2012年3月、ファーストミニアルバム「さようならパイオニア」を、そして2013年12月、セカンドミニアルバム「rutsubo」
をリリースする。
2015 年 6 月、ドラマー脱退。高橋、菅野の二人で活動再開。
2016 年 3 月、サポートドラマーに中村一太(ex.plenty/the cabs)を迎え、ライブ活動再開。
2017 年 11 月、枚数限定 1st single「正直者はすぐに死ぬ」をリリース。
2018 年 6 月、1st Full Album「白書」をリリース。
同年 8 月、FUJI ROCK FESTIVAL'18「ROOKIE A GO GO」へ出演。

閉じる