自然体のまま垣根を越えて行くMONJU N CHIE。皆を笑顔にするラップ・クルーの魅力に迫る|BIG UP! Stars #09

BIG UP! Stars

文: 黒田隆太朗  写:Kazma Kobayashi 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第9回目はMONJU N CHIEが登場。

阿佐ヶ谷から粋なグループが出てきた。下北沢サイファーを主催するMCオトウト、KTY、カルロスまーちゃんの3人からなるユニットで、ゆる~いテンションのままみんなを笑顔にするラップ・クルーだ。2018年の3月に活動を開始し、いきなりりんご音楽祭に出場。今年の4月には2作目のシングル「3’s THEMA」を発表するなど、既にそのハッピーな輪を広げ始めている。魅力は脱力気味のラップとチルなトラック、そして3人の飾らない佇まいだろう。全くことなるルーツを持った3人が集まっているからこそ、どこまでも自由に行ける可能性を持っている。自然体のまま垣根を超えていくMONJU N CHIEに話を聞いた。

涙よりも笑顔。バラバラのルーツがガチっとはまったラップ・クルー

―どういう経緯で集まった3人なんでしょうか?

インタビュイー画像

オトウト:

3年くらい前に下北のライヴハウスでやっていたラップバトルで、共通の友人を通して僕とKTYが出会ったんですけど、それから僕が開いているサイファー(※複数人が輪になって即興でラップを行うこと)に彼がよく遊びに来るようになって仲良くなりました。
インタビュイー画像

KTY:

ラップバトルに出たのは、僕がなんとなくラップを始めようかなって思っていたタイミングだったんですけど。サイファーに僕がPearl JamのTシャツを着て行ってたら、オトウトさんが話しかけてくれて。
インタビュイー画像

オトウト:

その頃はフリースタイルダンジョンが話題になっていた時期だから、ゴリゴリのラップキッズ達が集まってたんですよ。そこにいきなりPearl Jam着てるやつが来るっていう(笑)。

―あははは。

インタビュイー画像

KTY:

Pearl Jamが好きだったわけではないんですけど、近所のハードオフに一着500円で売っていて。スーツ着てる男の人がガスマスクつけててカッコいいじゃん!と思って買ったんですよね(笑)。オトウトさんは元々ロックバンドをやってる人だから、それが共通の話題になりましたね。

―オトウトさんは、音楽的にはロック出身なんですね?

インタビュイー画像

オトウト:

はい。僕はオルタナティヴロックとかが好きで、自分でもバンドをやっていて。

ー何故ラップバトルやサイファーの主催をやるようになっていったんですか?

インタビュイー画像

オトウト:

ライヴハウスでラップイベントがあった時、そこの店長さんに「お前、ラップも聴いてるんだったらラップバトルもできるよ」って言われてポンと出されて。

―え?(笑)。

インタビュイー画像

オトウト:

本当に「え」って感じですよね(笑)。で、最初はそのイベントにめちゃくちゃ上手い人がいたんですけど、その人がいなくなっちゃって。でも、ラップのイベントをこのままなくすのももったいないということで、僕が主宰を始めるようになりました。それを続けていくうちにラッパーの輪ができていって、サイファーも開くようになりましたね。

―なるほど。オトウトさんとKTYさんが一緒に音楽をやるようになったきっかけはなんですか?

インタビュイー画像

KTY:

僕は元々演劇をやっていたんですけど、友達が小っちゃい劇団をいっぱい集めてコント大会を企画して。それに誘われ時に、演劇はもうやらないつもりだったので、オトウトさんにギターを弾いてもらって僕がラップするっていう形で出場したんです。
インタビュイー画像

オトウト:

その頃は僕もバンドメンバーが抜けちゃった時期で、弾き語りで活動していたから。だったらKTYと一緒にやろうと思って、オトウトのKTYというグループ名で活動するようになって。その後にライヴで共演することでまーちゃんと出会いました。
インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

オトウトさん主催のイベントにカルロスまーちゃんっていう名前で出演したんですけど、そこでライヴを観てくれたふたりから、「ビートを提供してください」って頼まれたのがきっかけです。
インタビュイー画像

オトウト:

僕らはトラックが作れなかったので、提供してくれる人を探していたんです。
インタビュイー画像

KTY:

そこで出会ったまーちゃんがとにかくカッコよかったんです。みんな体育座りして聴くような感じで、ライヴハウス全体がまーちゃんの空間みたいになっていたから。本当に凄いなと思って、終わった後にすぐ話しかけました。
インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

そこで最初は曲提供するだけのつもりだったんですけど、どうしても私が曲を作ると、メロディありきの曲作りになっちゃって。それで楽曲の中にサビだったり私の歌のパートも入っていって、オトウトのKTY&カルロスまーちゃんという名前でやるようになりました。

ーみんな後ろにくっついていくシステムなんですね?(笑)。

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

そうですね(笑)。最初は控えめに後ろにくっつけてもらいました。

―まーちゃんが作ると「サビがある」というのは、ラップというよりも歌をやっていたっていうことですか?

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

そうです。私はラッパーではなくて、シンガーとして歌っていました。ふたりと出会った時には、弾き語りと打ち込みの上で歌うことの両方を一つのステージで使い分けるようなことをやっていましたね。

―そんなまーちゃんがふたりと一緒にやろうと思った理由はなんですか?

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

MONJU N CHIEはポップな曲を歌っていると思うんですけど、私がソロでやってる時は、それとは真逆のライヴ中に静寂が漂うようなライヴをしていたんです。

ー内省的な歌だったんですね。

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

ひとりで曲を作っていると、どうしてもそういう方向に行ってしまうんです。でも、本当はもっと楽しむことに重きを置いたアーティスト活動をしていきたくて、どうしようと思ってたところでした。そんな時にふたりに頼まれて曲を書いてみたら、「これは自分の曲じゃない」ということが言い訳になって凄くポップな曲を書けて。このメンバーで続けていきたいなって気持ちになりました。

―つまり、3人とも今のラップを聴かせる音楽とは全く違うところにルーツがある?

インタビュイー画像

オトウト:

そうですね。僕はGreen DayとかOasisから入って、SNOOZERとかCROSSBEATを読むのが好きなリスナーでした。ラップも聴いてはいたんですけど、今でもラップよりRancidNOFXばかり聴いているくらいですね(笑)。

―なるほど(笑)。

インタビュイー画像

オトウト:

だから僕の中ではラップと言ったら、Beckの「Loser」とかBeastie Boys「Sure Shot」でした。ヒップホップを聴くようになっても、ゴリゴリのラップよりもThe Pharcydeとかのほうを好きになりましたね。

ーその感じは、MONJU N CHIEの音楽に通じていそうですね。KTYさんとまーちゃんはどういう音楽を聴いてきましたか?

インタビュイー画像

KTY:

僕はTHE BLUE HEARTSが大好きで、そこから音楽を掘っていきました。真島昌利さんから辿っていって、友部正人とか高田渡といった60年代、70年代のフォークを聴くようになって、忌野清志郎などもずっと聴いていました。あとはサンボマスターとかが出てきた時期だったので、彼らのような歌詞を重視しているロックが好きでした。

―ラップにはいつ目覚めたんですか?

インタビュイー画像

KTY:

大学の授業でフランス文化研究を受けていたんですけど、それがフランスのヒップホップの広がりと日本のヒップホップの広がりが似ているっていうことで、EAST END×YURIからBAD HOPまでのヒップホップ史を見ていく授業だったんです。そこでTHA BLUE HERBとか志人を聴いてラップ凄い良いじゃん!と思って、そこからはまっていきました。
インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

私はダンスをやっていて、中でもモダンバレエとかジャズダンスをやっていたので、R&Bとかヒップホップのノリの音楽を聴いて育ってはいたんですよね。でも、中学と高校ではずっとロックを聴いていて、GO!GO!7188MASS OF THE FERMENTING DREGSが大好きだし、THE HIGH-LOWSTHE BLUE HEARTSが好きっていう感じでした。

―それからから変わってきたのは?

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

Jessie Jっていうイギリスでは有名なポップスターがいて、2013年の夏に彼女の曲を聴いた時に、ポップスって凄い!って感銘を受けたんです。それまではロックという音楽にある、自分の中のとがっている部分を出していくこととか、強い言葉で人を引きつけるものがカッコいいって思っていたんですけど。Jessie Jの曲を聴いた時に、私もポップスが持つ多くの人を惹きつけるパワーを身に着けてみたいと思うようになりました。そこからRihannaが好きになって、皆から愛される音楽というものを聴くようになっていきましたね。

―なんでポップスに打たれたんでしょうか。

インタビュイー画像

カルロスまーちゃん:

一緒に泣いてもらうよりかは、一緒に笑いたいから。私達も聴いてくれる人の生きる力になるような音楽ができたら、凄くハッピーだなって思います。ポジティヴな世界に自分自身も持っていきたかったし、自分自身が変わったその先で、また他の誰かを引っ張れたら凄く良い循環を作れる気がしていたんですよね。

次ページ:誰をも受け入れる。SIMI LAB主催のイベントから引き継いだソウル

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

Kazma Kobayashi

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

下北沢サイファーを主催するオトウトと、そこで出会ったKTY、 ビートメイクとメロディ を担うカルロスまーちゃんによる2MC&1VOCALのラップユニット。2018年3月に同名での 活動を開始し、同年9月に長野県で開催される『りんご音楽祭2018』へ出演。 今年4月には、​ トラックメイカーにmolphobia、​ジャケットデザイナーに​盆と正月を一緒に 連れてくる5MC1DJラップバンド「ザ・おめ​でたズ」のメンバーで「OBAKE CLOTHING」 のデザイナーでもある・セキハラグチを迎え、​仲間と過ごすgood vibesについてやそこから 生まれる未知の化学反応について歌った​ 2枚目のシングル「3's THEMA」を発表。​ "HPゼロ で家に帰ろう!"をテーマに精力的に活動中。また、ファンからは” モンチエ ”の愛称で呼ば れている。
閉じる