トレンドを追う側から創り出す側へ。Vid Thё Kidの挑戦|BIG UP! Stars #11

BIG UP! Stars

文: 久野麻衣  写:Kazma Kobayashi 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第11回目はVid Thё Kidが登場。

EDMが世界の大きなトレンドとなり、音楽フェスでも主要ステージでパフォーマンスを披露するようになっていくことで、その魅せ方も大事なクリエイティブの要素となってきた。そういった流れの中でVid Thё KidというDJ&ヴォーカルユニットが生まれるのはとても自然なことだったと思う。生歌とベースミュージックの融合は大きなステージでこそ、その力を発揮する。着実に大きなステージへと歩みを進める彼らに、そのルーツや目指すべきものについて話を聞いた。

洋楽を中心としたそれぞれのルーツ

ー結成の経緯を教えてください。

インタビュイー画像

IBuKi:

僕は宮崎出身で高校卒業と同時に上京してきたんですが、その頃エンターテイメント集団を作りたかったんです。その為にはまずボーカルが必要だと思ってTwitterで探していたところ、Kylieが高校の文化祭で歌っている動画を見つけたんです。アカペラでKaty Perry の「Roar」を歌っていたんですけど、“これは絶対将来やばくなる”と思って声をかけたんですよ。上手かったし、その度胸がすごいと思って。
インタビュイー画像

Kylie:

最初声かけてもらったとき、東京でIBuKiがイベントをやるからそこで歌ってほしいって言われたんです。でも、イベント後はTwitterは繋がっているけど特に連絡はとってなかったんですよね。
インタビュイー画像

IBuKi:

Kylieが留学いったから余計にね。
インタビュイー画像

Kylie:

それで期間があいちゃったんですけど、急に連絡がきて…。
インタビュイー画像

IBuKi:

そこでKökiに出会ったんです。元々は友達の繋がりで間接的に知っていたんですけど、去年の1月くらいからInstagramのストーリーに曲をアップしているのを見て、Kylieと合わせたらやばいのができるなと思って「会いたいです」って連絡して。Kökiとはその時が初対面でした。それでKylieに「やばいトラックメーカーがいるから」って話をして、3人で会って一緒にやっていこうということになりました。

ーでは出会ってまだ間もないんですね。

インタビュイー画像

Köki:

全員会って1年くらいですね。

ー出会って間もない3人がユニットとして活動を進められているのは、音楽的な背景が噛み合っているのかなと思うのですが、みなさんそれぞれの音楽的ルーツを教えていただけますか?

インタビュイー画像

Köki:

僕は子供のころはJ-POPをずっと聴いていたんですけど、高校を卒業してからメタルやハードロックにハマって、海外の古いものから新譜まで片っ端から聴きました。

ーどんなアーティストがお好きでしたか?

Rage Against the MachineNickelbackFALL OUT BOYBullet for My ValentineMarilyn MansonLinkin Parkとかですね。

ーそこからなぜダンスミュージックに?

インタビュイー画像

Köki:

だんだん飽きてきたというか、聴くのが作業になってきちゃって。バンドの音楽は大体ギター、ベース、ドラム、ボーカルと構成が決まってるじゃないですか。ギターの歪ませ方やリズムの取り方で好みが決まることが分かって、つまらなくなってしまって。その時にレーベルに入ってA&Rの仕事をし始めて、ダンスミュージックを聴く機会が増えたんですけど、次から次へと聴いたことのない、知らない音が出てくることがとても新鮮で。そこからダンスミュージックやヒップホップを聴きはじめました。

ーそこから作ってみようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

インタビュイー画像

Köki:

レーベルで働いている時、目の前で曲を作る過程を見ていたのでダンスミュージックの作り方はなんとなくわかっていたんです。これなら自分でもできそうだと思って事務所にあった古いiMacで作り始めました。やり方がわかった状態で始められたのは大きかったですね。

ー元々の楽器経験は?

インタビュイー画像

Köki:

楽器は全然弾けないです。なので自分のやり方は多分めちゃくちゃだと思います(笑)。曲作りを始めたのはヒップホップが先だったんです。ヒップホップはだいたい1個のリフを展開していくので、これだったら作れそうだなって思って。

ーヒップホップで参考にしたアーティストは?

インタビュイー画像

Köki:

Lil Uzi VertDJ MustardMike Will Made-ItMetro Boominとか、その辺を片っ端から聴いていましたね。

ーIBuKiさんはどうですか?

インタビュイー画像

IBuKi:

僕は父親がディスコに通っていて、家でも洋楽が流れているような環境だったので、自然と洋楽が身についてました。小学4年生の頃に父親が海外出張のお土産で洋楽のミックスCDを買ってきてくれたんですけど、そこにはFlo Ridaの「Low」やFergieの「Fergalicious」が入っていたんです。そのMVを見てみたら、すごくパーティー感あって“こういうのやりたい!”って思って。それから自分で色々と掘って聴くようになりました。

ー小学生でそのパーティー感に憧れるのはすごいですね。

インタビュイー画像

Köki:

とんだマセガキですよ(笑)。

ーそこからどんな音楽を聴いていたんですか?

インタビュイー画像

IBuKi:

ビルボードのトップ100に入るようなアメリカのメジャーシーンを追っていました。そうしていくうちにDJをやりたいと思うようになって、高校3年生の頃にDJを始めて、文化祭で初めて人前でプレイしました。田舎だったのでクラブミュージックの概念なんてありませんでしたけど、トラップやダブステップを流したらみんな盛り上がってくれていました。

ーDJは誰かに教わったんですか?

インタビュイー画像

IBuKi:

最初は地元でDJをやっている人に繋ぎ方を教えてもらいました。それからEDMを聴くようになって、Hardwellのプレイとセットリストを見ながら曲の種類や繋ぎ方を学んで、再現できるように練習していたんです。マッシュアップの方法もHardwellから学びましたね。

そうやって各アーティストのDJセットを研究して行った時にDiploの存在を知って“これだ!”って思いました。正直、今流行っている曲を流すのは簡単だけど、Diploは今後流行るであろう曲をプレイしてみんなに共有していくんですよ。そういう姿勢にすごく影響を受けたので、世界のどこにいたとしても最先端を追っていきたいと思うようになりました。

ーKylieさんはどうですか?

インタビュイー画像

Kylie:

私はずっと4歳上のお姉ちゃんに憧れていて、ファッションや音楽もお姉ちゃんにすごく影響を受けてきたんです。お姉ちゃんが洋楽を好きになったタイミングで私も一緒に聴くようになって、当時流行ってたJustin BieberAvril LavigneKaty Perryをよく聴いてました。英語は理解できなかったけど海外シンガーのノリが好きだったんです。

そこから歌詞の内容が気になるようになって、Avril Lavigneの「Girlfriend」の和訳を見た時に、こんなにストレートに伝えちゃっていいんだって驚いて。こんな風に歌えたらかっこいいなって思ったのが、英語で歌うようになったきっかけの一つです。日本の歌詞は言い回しや表現が上手だけど、私はそういうのが得意じゃなかったんですよね。
インタビュイー画像

Kylie:

あとKaty Perryの「California Gurls」のMVの世界観がすごく好きで、こんな風に世界観を表現できるようになりたいと思ったんです。強く影響を受けたアーティストは特にいませんが、きっかけを作ってくれた人はAvril LavigneとKaty Perryですね。

ー留学したのは海外の音楽が好きだったからですか?

インタビュイー画像

Kylie:

音楽をやっていくなら英語で歌いたいし、英語を勉強しておいて損はないかなと思って、高校3年生の間はカナダで過ごして英語を習得しました。

ー向こうでは音楽活動をしていたんですか?

インタビュイー画像

Kylie:

カナダで初めてボイストレーニングに行ったんです。そこでは英語で歌う際の発音についてたくさん指導してもらいました。帰国してからもボイストレーニングは受けましたが、日本は表現技術についての指導が多いんですよね。

ーなるほど。他にも帰国後は何か活動されていたんですか?

インタビュイー画像

Kylie:

バンドを組んだり、アコギで弾き語りのライブをしていました。私もアメリカのトップチャートに入るような音楽が好きだったので、その時流行ってたものをカバーしたり。ダンスミュージックは音が多いから明るい曲に聴こえるけど、しっとり歌えば切なく聴こえるし、ガラッと聴こえ方が変わるところが好きだったんです。
次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

Kazma Kobayashi

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

2018年10月結成。日本人離れした楽曲を武器に無名ながら音楽関係者の間で話題沸騰中のDJ&ヴォーカルユニット。キュートなキャラクターとは裏腹に圧倒的な熱量を備えた歌声を持つヴォーカルのKylie、ブラックミュージックに影響を受け数々のアーティストに楽曲提供を行ってきたトラックメイカーのKöki、Mixcloud内Trap,Mashupチャート等で上位に入る実力を持つDJのIBuKiの3人からなるグループで、静と動の組み合わせによるDJセットとライブならではの生歌は圧巻だ。
2019年3月に発表した1st EP “Love The Toy”より『Shape Of Love』がJ-WAVEの人気番組SONAR MUSICで取り上げられナビゲーターのあっこゴリラから絶賛を受ける。また、Spotify公式プレイリスト「キラキラポップ:ジャパン Curated by ふくりゅう」に異例の1つのEPから3曲セレクトなど現在最も勢いのあるグループの1つ。海外アーティストからもRemixの依頼が来るなどグローバルに活動を展開中。

Twitter | https://twitter.com/VTKofficial
Instagram | https://www.instagram.com/vidthekidofficial/
YouTube | https://www.youtube.com/channel/UCk3tAwskrbzHdYK73Bia2wQ
Soundcloud | https://soundcloud.com/vidthekid
LINE | https://line.me/R/ti/p/%40iki9730j
閉じる