ジャンルの枠には収まりたくない。cOups.が突き進むロックバンドのその先|BIG UP! Stars #10

BIG UP! Stars

文: 久野麻衣  写:Kazma Kobayashi 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第10回目はcOups.が登場。

2017年に東京で結成された男女4人組のバンド、cOups.。UKの系譜を感じさせるギターサウンドと緩急あるボーカルで正統派なロックを鳴らしながら、海外への展開も意識していることを感じさせるバンドが現れた。…と思いきや、今回のインタビューでその期待は大きく裏切られた。確かにメンバーそれぞれがロックにルーツを持ちながらも、現代的な感覚でそれに縛られることなく、エネルギッシュに変化することを恐れない彼らは日々進化を遂げていくのだろう。実際にライブの会場で、そんな彼らの真の姿を追いかけてみてほしい。

バンド結成の経緯

ーcOups.のメンバーはどのような経緯で集まったのでしょうか?

インタビュイー画像

mayuco:

私が元々やっていたバンドが解散したので、自分のバンドをやりたいと思ってベースのKosukeに声をかけたんです。前のバンドで対バンしたことがあって、彼をTwitterで見つけたのがきっかけでした。その後ボーカルを探していた時にKosukeがSeanを紹介してくれて、活動していく中でギターのJoeが入ってくれて今のメンバーになりました。

ーKosukeさんとSeanさんは元々お知り合いだったんですか?

インタビュイー画像

Kosuke:

ボーカルを探している話を友達にしたらSeanを紹介してくれたんです。だから僕も面識はなくてスタジオに入る日に初対面だったので、その日は自己紹介から始まりました(笑)。

ー初対面の時の第一印象はどうでした?

インタビュイー画像

mayuco:

Seanはその時受験生だったので、「学生だな」って感じでした。
インタビュイー画像

Sean:

mayucoさんは怖かったです(笑)。
インタビュイー画像

mayuco:

今ではいじったり文句しか言われないですけど(笑)。

ーではバンドはmayucoさんが引っ張っている感じなんですね。

インタビュイー画像

mayuco:

でも、ほぼノリで「やろう」ってなったよね。
インタビュイー画像

Kosuke:

「これやってみる?」とか、ラフな感じでそれぞれ意見を出し合いながら進んできたよね。

ー現在の体制になったのはいつ頃ですか?

インタビュイー画像

Kosuke:

今年の1月です。JoeはSeanとルーツ的な部分のフィーリングが合ったので、ぜひ入って欲しいと思って誘いました。
次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

Kazma Kobayashi

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

​東京発4ピースバンド。
2018年5月に初ライブを行い、現在は都内ライブハウスを中心に活動中。
2019年1月に初となるE.Pをリリース。
E.Pより、「Demon」「OverDose」のMVを公開中。

オフィシャルサイト
閉じる