ジャンルの枠には収まりたくない。cOups.が突き進むロックバンドのその先|BIG UP! Stars #10

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第10回目はcOups.が登場。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

【本日更新】オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』cOups.、mam、tellmoreなど|5月4週目

清竜人は何故歌謡曲を歌ったのか?縮小していくシーンに一石を投じる、クリティカルな新作『REIWA』

KOIBUCHI MASAHIRO

未来を照らすポップ・ソングを。ソロ始動のKOIBUCHI MASAHIROが掲げる理想とは|BIG UP! Stars #07

バンド欲が繋いだROKIのルーツと音楽、ライブへの熱量|BIG UP! Stars #06

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

Kazma Kobayashi

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

Kazma Kobayashi

Writer

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

RELATED ARTICLE

関連記事

トレンドを追う側から創り出す側へ。Vid Thё Kidの挑戦|BIG UP! Stars #11

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第11回目はVid Thё Kidが登場。

清竜人は何故歌謡曲を歌ったのか?縮小していくシーンに一石を投じる、クリティカルな新作『REIWA』

新たな元号を冠した、6年ぶりのオリジナル・アルバム『REIWA』をリリース。歌謡曲を歌った新作に秘めた、批評的な視線とシーンへの危機感とは。清竜人本人によるプレイリスト、「昭和から平成への女性シンガー」も併せてお楽しみください。

バンド欲が繋いだROKIのルーツと音楽、ライブへの熱量|BIG UP! Stars #06

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第6回目はROKIが登場。

俺をくくるな。Momの内心が吐露された私小説アルバム『Detox』。

『PLAYGROUND』から僅か6ヵ月、早くもMomの2作目のアルバム『Detox』が発表された。前作から一転、内省的で私小説的な作風は何を意味するのか。「今吐き出さなければならなかった新作」に込められた「本音」に迫る。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
​東京発4ピースバンド。
2018年5月に初ライブを行い、現在は都内ライブハウスを中心に活動中。
2019年1月に初となるE.Pをリリース。
E.Pより、「Demon」「OverDose」のMVを公開中。

オフィシャルサイト
閉じる