悲しい涙を消すために。Made in Raga-saが日本一を目指すワケ|BIG UP! Stars #22

BIG UP! Stars

文: 黒田 隆太朗  写:百瀬浩三郎 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第22回目はMade in Raga-saが登場。

ストレートに突き抜けていく歌とメロディ、そしてその下で暴れまわるリズム隊。一卵性双生児の樹(Vo&G)と拓海(Gt&Cho)、そしてタッカー(B)と泰尊(Dr)の4人からなるMade in Raga-sa(メーディンラガーサ)は、互いの個性をぶつけ合いながら、ひとつの塊になって迫ってくるような音楽を奏でている。双子のふたりを中心に結成され、現体制となったのが2年前。新人発掘オーディション「GIANT LEAP」で、最優秀アーティストである「GRAND PRIZE」を獲得するなど、来年以降台風の目になっていくポテンシャルを秘めたバンドである。4人のルーツから『and A』に込めた意志、そしてバンドに懸ける野心についてメンバー全員に語ってもらった。

4人のルーツ

ー一番最初の音楽の記憶って何ですか?

インタビュイー画像

樹:

僕はロードオブメジャーです。母親が好きだったので幼少期からずっと聴いていて、全曲歌えるぐらい染みついています。ONE OK ROCKも、音楽にハマってからはどんどん聴くようになりました。

ー双子ということはルーツは同じものになるんですか?

インタビュイー画像

拓海:

一緒です(笑)。ELLEGARDENもずっと車で流れてましたね。

ー理想としているアーティストや、プレイヤーとしてリスペクトしている方はいますか?

インタビュイー画像

樹:

細美武士さんのような伝わる歌を目指してます。細美さんの英語の歌詞って、英語なのに言ってることが伝わってくるんですよね。僕もそういう歌を歌いたいです。
インタビュイー画像

拓海:

曲を作る人としても細美さんは凄く好きです。細美さんの書く曲には悲しい感じがあって、そこにドキドキするんですよね。ELLEGARDENの曲はハッピーなことを歌っていてもちょっと悲しい気がして、そこに惹かれていました。

ーリズム隊のおふたりはどんな音楽を聴いてきましたか?

インタビュイー画像

タッカー:

僕はサザンオールスターズ福山雅治さんをずっと聴いてきました。バンド始めるまではほとんどそのふたつを聴いていて、あんまり他のバンドは聴いていなかったと思います。

ー一番好きな曲は?

インタビュイー画像

タッカー:

「エロティカ・セブン」が大好きです(笑)。あとは「イエローマン 〜星の王子様〜」も好きですね。福山雅治さんは「心color〜a song for the wonderful year〜」かな。

ーバンドには何がきっかけでのめり込んでいったんですか。

インタビュイー画像

タッカー:

僕はやりたいこともなくフラフラしてたんですけど、高2くらいの時ですかね。連れが「楽器やろうや」って言ってきて、そのまま楽器屋さんに行ってギターを始めました。でも難し過ぎてこんなんやってられるかと思って(笑)。それでもっと弦を減らしてくれと言ったら、その友人がベース用意してくれて。

ーそれで四弦を手にしたと(笑)。

インタビュイー画像

タッカー:

そうです(笑)。そこでこれを見ろって言って映画の『BECK』を見せられて、そこからベースにのめり込んで今に至ります。

ーなるほど。泰尊さんはどういうふうに音楽にハマっていきましたか?

インタビュイー画像

泰尊:

僕は小っちゃい頃よくアニメを見てたので、最初はアニソンを聴いていて、がっつり音楽にハマったのはRADWIMPSです。YouTubeで聴いたのがきっかけで、「おしゃかしゃま」は特に好きです。

ードラムを始めた理由は?

インタビュイー画像

泰尊:

ニンテンドーDSの、大合奏バンドブラザーズっていう楽器を演奏するゲームに中学生の頃ハマって、そこではドラムが一番簡単やったんです。それでこれなら現実でもいけるんちゃう?って思って音楽室に行って、ドラムを叩いてみたのがきっかけです。その時は全然できなかったんですけど、その後MステでX JAPANを見て、カッコいいな、僕もこうなりたい、と思ってドラムを始めました。

ー今は手数が多いドラムを叩いてますよね。

インタビュイー画像

泰尊:

もうちょいシンプルなものも好きなんですけど、双子の要求が凄いんですよ(笑)。結構注文が多くて、それをこなしていくと最終的に手数が多くなるっていう。僕も楽しんでいるんですけど、ライヴは大変ですね(笑)。

ーそれは樹さん達がドラムにどういうものを求めてるからなんですか?

インタビュイー画像

樹:

歌やメロディはメッセージを伝えることを一番に考えているので、シンプルに作ってるんですけど、その分ドラムとベースで味を出せたらなと思っています。それで手数が多いものや、テクいプレイスタイルの曲が増えていますね。

ーじゃあベースにも同じくらい要求を?

インタビュイー画像

泰尊:

いや、タッカーはそもそも自分で入れまくるんですよ。僕は言われて足していくんですけど、彼は最後に引き算するほうです(笑)。
インタビュイー画像

タッカー:

ヴォイテク・ピリホフスキみたいなベーシストがめちゃくちゃ好きで、若い時はとにかく音符が多ければ多いほどかっこいいと思って、どんどん手数を増やしてました。ただ、最近だいぶ減らすベースも好きになってきて、亀田誠治さんのベースを勉強しています。
次ページ:全部を覆したい

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

百瀬浩三郎

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

2015年3月、一卵性双生児の樹(Vo./Gt.)と拓海(Gt./Cho.)を中心に結成。
感情的な演奏の中にどこか悲しいメロディーとストレートな歌詞を織り交ぜ、誰かを救えるような音楽をコンセプトに、大阪を拠点に活動中。

2018年には、A-Sketch、avex、Yahoo! JAPAN、J-WAVE、FM802の5社共同で行う新人発掘・育成プロジェクト「GIANT LEAP」で初代最優秀アーティストに輝いた。

2019年11月20日には、GIANT LEAPレーベルより、初の全国流通盤となるMini Album「and A」のリリースが決定している。
閉じる