彗星の如く舞い降りたDUSTCELL。その美しさの源流を探る|BIG UP! Stars #33

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  編:久野麻衣

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第33回目はDUSTCELLが登場。

コンポーザー/プロデューサー・Misumiとシンガー・EMAによるユニット、DUSTCELLが5月20日に1stアルバム『SUMMIT』をリリースした。

元ボカロPという経歴を持つMisumiによる、引き出しの多さを活かした変幻自在のトラック、そして繊細ながらも力強いEMAのボーカルはすでに多くのリスナーを虜にしている。また、時に退廃的であり、厭世的。誰もが感じたことのある、挫折や疎外感などを提示し、そっと肯定してくれるリリックやアートワークの世界観に惹かれる者も多いだろう。

7月には初のライブにして初ワンマン公演も控えるふたり。本稿では彼らの印象的なアートワークと共に、結成の経緯からバックグラウンドなど、ユニットの核となる部分を紐解く。

魂に届くような歌声に惹かれて

―Misumiさんが〈KAMITSUBAKI STUDIO〉のプロデューサー・PIEDPIPERさんにEMAさんを紹介したことから、DUSTCELL結成に繋がったそうですね。そもそも、おふたりはどのようにして出会ったのでしょうか。

Misumi:

最初の出会いはTwitterですね。お互いフォローし合っていて、存在は認知していて。

EMA:

私はボカロP時代からMisumiさんの作る曲が大好きで。歌い手をやっていた頃からカバーさせてもらったりしていました。

Misumi:

僕の曲って、リアルな人間が歌うのは難しいと思っていたんですけど、そのカバーがとても合っているなと思っていて。あと、何ていうんでしょう……EMAの魂に届くような歌声に惹かれて、一緒にやりたいなと思うようになりました。

―DUSTCELLというユニット名にはどのような意味が込められているのでしょうか。

EMA:

ユニット名は私が考えました。DUSTCELLは「DUST(ゴミ、埃)」と「CELL(細胞)」っていう言葉を合わせた造語で。私は基本的に自分に自信が持てない人間なんですけど、そんな私のような存在でも、音楽を通じてリスナーの細胞になれたらいいなと思って付けました。Misumiさんには巻き込んでしまい申し訳ないなという思いもありつつ(笑)。

Misumi:

でも、単純に語呂が良いなとも思っていて。僕も気に入っています。

―結成時に音楽的なコンセプトや世界観などは話し合われましたか?

Misumi:

あまり細かく固めてはいないのですが、僕の中で最初に考えていたのは、「美と狂気」みたいなイメージ。とにかく美しい曲を作りたいなと思っていました。

EMA:

結成当時から個性的というか、独創的な作品を作りたいなとは思っています。

―EMAさんの「自分に自信が持てない」という性格について、差し支えなければもう少し具体的にお聞きしたいです。何かきっかけなどはあったのでしょうか。

EMA:

何か特定のきっかけや出来事があったというわけではないんですけど、色々なことが積み重なってという感じです。今は多少マシになったんですけど、他人に嫌われることを極度に恐れていた時期があって。それが今もトラウマのように蘇ることもあって、自分の作品や歌を褒めてもらっても、嬉しい自分と素直に受け入れられない自分が同居していたりするんです。

―EMAさんのそういった精神面は、リリックにも表れているように感じました。作詞をする際はどのような方法で行っているのでしょうか。

EMA:

作詞はまだ始めたばかりなのですが、あまり明るい感じのテイストよりも、ちょっと暗い世界観の方が書きやすくて。私は毎日日記を付けているんですけど、「これは覚えておいた方がいいな」と思った出来事や、自分の中で新しい感情を見つけたって思う時に、自分しか読めないような汚い字で殴り書きのように記憶しておくんです。作詞をする時は、その日記を見返したりして、当時の感情や記憶を違った言葉に変換して書くことが多いですね。

Misumi:

確かにEMAのリリックは自分の内面がすごく表れているなと思いますね。僕も日々の生活で湧き起こる感情を、言葉ではなく曲に昇華することが多いので、そういう意味ではEMAと作り方が似ているのかも知れません。
次ページ:K-POP〜ボカロ、トラップまで、多岐に渡る影響源

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる