短期間で急速的な成長を遂げるヤユヨ。無我夢中で駆け抜けたこの1年を語る|BIG UP! Stars #34

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  編:久野麻衣

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第34回目はヤユヨが登場。

昨年、シーンに彗星の如く現れた3人組バンド、ヤユヨが6月10日に1stミニ・アルバム『ヤユヨ』をリリースした。

ささくれ立ったオルタナティブなバンド・サウンドに、キャッチーなメロディ・ライン、そしてボーカル・リコの圧倒的な存在感を放つボーカルを武器に、ライブハウスを中心にジワジワとリスナーを拡大させてきたヤユヨ。人懐っこいサウンドとは裏腹に、繊細な心情風景を描き出すリリックは大きな共感を集めている。結成から1年ほどながら、昨年12月に発表された代表曲「さよなら前夜」のMVはすでにおよそ90万再生されるなど、その勢いはまだまだ止まらなそうだ。

そんなヤユヨの3人にリモート取材を敢行。絶妙なバランス感覚で成り立つヤユヨの作品を紐解くことに。

「定まらなかった」方向性――ジャンルに縛られないヤユヨ結成譚

―外出自粛やライブの開催などもなかなか行えない状態が続いていますが、いかがお過ごしですか?

インタビュイー画像

ぺっぺ:

緊急事態宣言が解除されたので、練習はそろそろやろうかっていう話をしているところです。それまでは音源データを送り合って、それぞれ家で練習していました。

―こんな長期間に渡って一緒に演奏できないのは辛いですよね。

インタビュイー画像

ぺっぺ:

はい。そもそも私たちは高校の同級生同士で結成しているので、これだけの期間メンバーに合わないっていうこと自体が初めてで。

―ぺっぺさんがバンドの発起人だったそうですね。そもそも、この3人が仲良くなったきっかけというのは?

インタビュイー画像

ぺっぺ:

リコ、すーちゃん(サポートメンバー)とは学科もクラスも一緒で、学科が違うはなとは軽音楽部で出会いました。でも、みんな本格的に仲良くなったのは軽音を通じてという感じですね。軽音では先輩からのアドバイスで、SCANDALの「瞬間センチメンタル」やSHISHAMOaikoさんなどの曲をコピーしていました。

―メンバーそれぞれ音楽の趣味もバラバラだったとお聞きしました。どのような音楽を聴いていたのでしょうか?

インタビュイー画像

リコ:

私はずっとaikoさんを聴いていました。バンドものは高校生になってから聴き始めて。特に印象的なのはクリープハイプSIX LOUNGE忘れらんねえよとか。あとはお母さんが歌ってくれる古い歌謡曲も昔からよく聴いていました。
インタビュイー画像

はな:

中学生くらいからONE OK ROCKMAN WITH A MISSIONなどを聴いていました。高校生になってからはクリープハイプなども聴くようになりましたし、今はサニーデイ・サービスなどを聴いています。
インタビュイー画像

ぺっぺ:

私は中高でRADWIMPS、クリープハイプ、SHISHAMOといったバンドを聴いていて。高校になってからSuchmosDYGLなど、インディ系のバンドや洋楽にも手を出すようになりました。あと、お母さんの影響でフジファブリックMr.Childrenなども好きでずっと聴いていました。一番影響しているのは、そういう90年代〜2000年代くらいのロックだと思います。

―おそらく軽音楽部には他の部員もいたと思うのですが、その中でヤユヨのメンバーが固まったのはどのような経緯で?

インタビュイー画像

ぺっぺ:

私たちが所属していた軽音楽部はバンド・メンバーを3年間固定するという決まりがあって。部内で私とはな、すーちゃんが組んだバンドでは、リコはコーラスだったんです。
インタビュイー画像

リコ:

私が軽音楽部にボーカル志望で入部したのが1年生の10月頃だったので、既にどのバンドにもボーカルがいたんです。そこで、同じクラスで仲の良かったぺっぺやすーちゃんのいたバンドにコーラスとして入れてもらいました。結局、他のバンドのボーカルが抜けたので、そこのバンドでメインボーカルになったんですが、三人がいるバンドでも卒部まで楽しませてもらいました。
インタビュイー画像

ぺっぺ:

そうやって、一緒に活動していくにつれてリコの声の魅力に気づいたんです。これは唯一無二の個性だなって。なので、高校卒業のタイミングで声を掛けて結成に至りました。

―ヤユヨを結成するにあたって、最初に音楽的な方向性などはある程度決めたのでしょうか。

インタビュイー画像

ぺっぺ:

話し合ったんですけど、定まらなかったんです。なので、「ジャンルに縛られない」ことをバンドのコンセプト的なものにしました。「これやりたい」「あれやりたい」が多過ぎるし、私たち自身も色々な音楽が好き。だったら決めなくていいんじゃないかって思って。作品毎、もしくは季節毎でもいいし、その時その時のインスピレーションに沿って自由に作品を作っていこうって決めました。

―ぺっぺさんとリコさんは軽音楽部とは別に、近所のバーなどでも弾き語りをしていたそうですね。

インタビュイー画像

ぺっぺ:

私が弾いてリコが歌う形で、椎名林檎さんやクリープハイプ、GLIM SPANKYなど、色々演奏させてもらいました。
インタビュイー画像

リコ:

お客さんが私たちの親世代の方が多いので、「今の若い子ってこういう音楽聴いてるんや」って言ってもらえるのが嬉しかったですね。

―高校生でそういったバーなどで弾き語りをやるっていうのも珍しいですよね。

インタビュイー画像

リコ:

私の家のお向かいさんがバーなどで演奏する方で。その人に誘われて近所のお店で歌わせてもらうようになりました。最寄り駅に2つくらいそういったお店があるんです。
次ページ:「とにかく次のライブを」――ひたむきに動き続けた1年間

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる