Luby Sparks

廃れることのない、切なさと美しさを。Luby Sparksが 残していきたい音楽 | Newave Japan #38

Newave Japan

文: 久野麻衣  写:後藤倫人 

編集部オススメの若手アーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。38回目は80、90年代の音楽に大 きな影響を受けたサウンドと世界観で多くの人を惹きつけるバンド、Luby Sparks。数々の海外アーティストの来日公演でフロント・アクトを務めているバンドの音楽、カルチャーの ルーツから目指す表現について、Natsuki (ba|vo) とErika (vo)に伺いました。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

Luby Sparks

Natsuki (ba|vo) | Erika (vo) | Sunao (gt) | Tamio (gt) | Shin (dr)。
2016年3月結成。2017年7月には、UK|Derbyshireでのフェス「Indietracks Festival 2017」に日本のバンドとして唯一出演。2018年1月24日、Max Bloom (Yuck | ex.Cajun Dance Party)と全編ロンドンで制作したデビューアルバム「Luby Sparks」を発売。2018年11月07日、4曲入りの新作「(I’m) Lost in Sadness」をリリースしている。2019年1月17日に韓国のバンドSay Sue Meを招き、初の自主企画ライブ「Thursday I don't care about you」を渋谷WWWにて開催が決定が決定。これまでにThe Vaccines(UK)、Yuck(UK)、The Pains of Being Pure at Heart(US)など、海外アーティストの来日公演のフロント・アクトも数多く務めている。

YouTubeTwitterInstagramfacebook

閉じる