Rude-α

Rude-αの音楽が反骨心から誰かの夢に変わるまで | Newave Japan #44

Newave Japan

文: 斎藤加織  写:後藤倫人 

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。44回目は沖縄出身、22歳の最注目ラッパー、Rude-α。自身の音楽ルーツから、自身の価値観を形成するきっかけとなった印象的な出来事や人との出会い、そしてRude-αが見据える10年後、20年後の未来までの話を伺いました。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

次代のアートアイコンを志す新鋭・gatoが掲げる破壊と創造の美学 | Newave Japan #51

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

次代のアートアイコンを志す新鋭・gatoが掲げる破壊と創造の美学 | Newave Japan #51

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

1997年2月8日生まれ。22歳。沖縄県沖縄市出身。
沖縄市の多様な人種、多様な音楽の中で育つ。
高校1年生の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイべントに出演。
高校2年生の時にはじめたラップをきっかけに音楽活動をスタート。
翌年、第6回全国高校生ラップ選手権に出場し準優勝。
2015年6月、1st EP「098 ORCHESTRA」リリース。
沖縄限定発売ながら2000枚完売、同EP収録曲「co co ga okinawa」MVは、200万再生を超える。
2016年4月から東京に拠点を移動。同年9月、DALLJUB STEP CLUBのドラマーGOTOと、ドラムとラップだけの新曲「19」を発表。
2017年からはバンド編成でのライブ活動をスタート。
自主企画ライブイベント"TEEDA"を立ち上げ、DATS、Lucky Tapes、SUSHIBOYS、ゆるふわギャング、Michael Kaneko、踊Foot Worksなど幅広いジャンルのアーティストと共演。
2018年2月、東京上京後初の新作EP "20"をリリースし、
iTunesヒップホップアルバムチャートで初登場1位を獲得。
3月にはアメリカ・オースティンで行われている音楽フェスSXSW、そして全米7都市
を廻るSXSWジャパンツアーに参加し、初の海外ライブを敢行した。
2019年5月29日、メジャーデビューEP『22』でメジャーデビューが決定している。

Twitter:https://twitter.com/5leep3alker
Instagram:https://www.instagram.com/5leep3alker/
Official:https://www.rude-alpha.com/

閉じる