現代のポップを体現するさなり。 | Newave Japan #45

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。45回目は若干16歳の新星さなりが登場。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

井出眞諭

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

オルタナティヴ・ポップスを鳴らす新生HOWL BE QUIET。再起の新作で向かったバンドの第二章とは。

2年ぶりのアルバム『Andante』をリリースしたHOWL BE QUIET。解散も考えたという苦しんだ2年と、再起を誓う喜びの新作を4人全員で語る。

自由奔放な音楽家・ビッケブランカ。過去最高に奇天烈な新曲はどうやって生まれた?

ビッケブランカが自由奔放な組曲的新曲『Ca Va?』をリリース。これまで以上に解放的な創作を見せた新曲の背景に迫る

ひとりの空間へと還ったTHE CHARM PARK。パーソナルな新作に込めた思いを紐解く

昨年2枚組のアルバム『Timeless Imperfections』をメジャーからリリースしたTHE CHARM PARKが、新作『Standing Tall』をリリース。パーソナルな心情が反映された新作に込めた思いに迫る。

退屈を切り裂く音楽を。(sic)boyが生み出すオルタナティヴロックとラップの融合|BIG UP! Stars #15

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第15回目は(sic)boyが登場。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

2002年11月16日生まれ。
小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジナル音源の制作をスタート、再度、動画投稿を始めるようになる。一度聞いたら耳から離れず、リリックがストレートに入ってくる力強い独特の声が特徴的な16歳のラップアーティスト。
閉じる