「ばかみたい」からたどる松本千夏のルーツーー話している時よりも、歌詞の方がリアル

Topics
2018年8月にデジタルシングル「歌って」のリリースとともにメジャーデビューし、以降多くの人々の共感を生む楽曲を発表してきたシンガーソングライター・松本千夏にインタビュー。彼女自身のルーツを遡りながら、新曲「ばかみたい」を含めた曲づくりについて、話を聞いた。

2020年3月にリリースされた自主シングル「KEMURI」はノンプロモーションながらYouTubeで58万回再生(2021年10月23日時点)を突破し、2018年8月にはデジタルシングル「歌って」のリリースとともに〈KING RECORDS〉よりメジャーデビュー。多くの人々の共感を生む楽曲を発表してきたシンガーソングライター・松本千夏

10月20日(水)にリリースされたデジタルシングル「ばかみたい」は、NakamuraEmiなどを手掛けるカワムラヒロシがアレンジメントに参加し(松本本人曰く)“ヒリヒリ”した楽曲に仕上がっている。

彼女がギターを手に紡ぎだすのは、自身の半径1メートルの世界だ。リリースを重ねるほど、世界を描写する解像度が高くなっていく。松本はどのように言葉を選び、世界観を構築しているのか? 彼女自身のルーツを遡りながら、新曲「ばかみたい」を含めた曲づくりについて、話を聞いた。

「早く売れたい」ってずっと焦っていた

―幼少期からダンスとミュージカルを習っていたと聞きました。最初に音楽に興味を持ち始めたのはその頃からですか?

最初のきっかけはモーニング娘。ですね。保育園の頃から好きで、何も習ったことがないのに妹とダンスを作って踊ったりしていたんです。その流れで、ダンスは小学校3年生から習い始めました。

―ミュージカルもだいたいその時期から。

4年生からです。ダンスレッスンでずっとセンターを担当している上手な先輩がいて、「この先輩には敵わないな….」ってずっと思っていました。

その先輩が100人規模のミュージカルサークルにも所属していて。公演を見た時にレベルの高さに衝撃を受け、そこからみっちり高校3年生くらいまで、ずっとミュージカルを習っていました。

―その時点で、夢は歌手だったんですか? それともアイドル?

いや、その時はとにかくセンター、主役になることしか頭に入ってなくて、その道のプロになろう、みたいな思いはありませんでした。はっきりと目指し始めたのは、アコギを持って歌い始めた高校2年生の時かもしれないです。実はそれ以前に弾き語りには興味があって。ギター好きの父からエレキギターを買ってもらったことはあったんですよ。

―最初がエレキだったんですね! なんだか意外です。

でも重たいし、家でアンプに繋ぐと「うるさい!」って怒られるじゃないですか(笑)。しかもアンプに繋がない状態のエレキギターってカラカラの音。弾き語りをするにはテンションが上がらなかったんです。しばらくほったらかしにしていました。

でも高校2年生の時、演劇部に入っていた後輩がギターをやっていることを知って。彼女を相方にみかんサイダー(松本がソロデビュー前に組んでいたアコースティックユニット)を結成しました。そこで私はアコギを買ってもらい、改めて真剣にやり出したんです。エレキと違って“弾き語り感”が一気に増したから「なんだこれは、楽しい!」ってのめり込み、柴田淳さんの「夢」をずーっと弾いていましたね。

―じゃあ、歌手になりたいって思い始めたのはみかんサイダーを結成した後?

そうです! 高校3年の頃かな。実は成績も悪くはなかったので、先生からは「もったいなすぎる」と言われたんです。でも音楽学校に入ることを決めた時点で歌手になるって決めました。「ちゃんと売れなきゃ」と真剣になりましたね。そこから路上ライブをしたり、東名阪ツアーもやりました。「早く売れたい」ってずっと焦っていたと思います。

―なぜそこまで「音楽のプロ」という道にこだわったのでしょう?

進路のことを考えた時、いろんな道を考えたんですよ。大学を何校も見に行って、保育のボランティアも経験して、地方の芸術大学も視野に入れたりして。全てがピンとこないなかで音楽の専門学校の体験に行ったら「これだー!」ってなったんです。

今の私の師匠であるRUNG HYANG(以下ルンヒャン・音楽プロデューサー)さんの即興で曲を作る体験授業を受けて、プロの力に痺れちゃって。「やっぱり音楽じゃないとこんなにワクワクできないんだ」って思いました。実際、専門で一緒に音楽塾のルンヒャンゼミを受けているメンバーにはすごく影響を受けていると思います。

次ページ:「変な気持ち」が芽生えた時にギターを取る

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

1998年8月14日生まれ / 東京出身・在住 / シンガーソングライター

小学4年の時にミュージカルを見て衝撃を受け、歌やダンスの世界に興味を抱く。
中学3年で嵐の二宮和也が作詞作曲を手掛ける姿に影響を受けギターを本格的に始める。
高校2年で女性2人組アコースティックデュオ「みかんサイダー」として活動開始し、
「Mステへの階段 ウルトラオーディション」にも出演。
インディーズながら配信アプリ「ミクチャ」ではフォロワー7万人を越えた。

2019年、みかんサイダーと並行して、ソロ活動もスタート。
溝の口駅を中心に路上ライブを定期的に行い、地元で有名な路上シンガーとなる。
2020年3月に初のデジタルシングル「KEMURI」を自主制作でリリース。
2021年1月に「みかんサイダー」無期限活動休止し、ソロ活動を本格的にスタート。
同年8月25日にデジタルシングル「歌って」でキングレコードよりメジャーデビューが決定。

【特技】ダンス歴 10年 / ミュージカル 小学4年~高校3年まで
閉じる