中村佳穂

中村佳穂の健やかさ。『AINOU』のその後と2018年ベストトラック

Topics

文: 久野麻衣  写:遥南 碧 

活動初期から注目を集めていた京都のシンガーソングライター・中村佳穂が2018年にリリースした2ndアルバム『AINOU』。アーティストやメディアからも高く評価され、多くの人を惹きつけた今作の制作過程や込められた思い、そして2018年のベストトラックまで話を伺いました。

制作を楽しむために大切だったもの

—『AINOU』リリース後、周囲での反応はいかがですか?

友達がみんなCDを買ってくれていて、思った以上にストレートに褒められてるし、みんなが「おめでとう」って言ってくれて、嬉しい日々が続いています。

—そういった反応はご自身で予想していましたか?

全然してなかったです。本当にこんなにストレートに褒めてもらえると思っていなくて、だただ褒められるので、めちゃめちゃへこへこしている毎日です(笑)。
あと、軽く聴いた方に「良いね」って言ってもらえるのも嬉しかったですね。以前イベントでDJが私の曲をかけてくれた時に、隣の男の子がその場で検索して「この曲あなたですか?めっちゃいいですね!」って褒めてくれて。

—一瞬で人を惹きつける力がある曲ばかりですもんね。聴いている方達はCDを購入される方が多いんですか?

配信で聴いて、さらにCDを買ってくれる人も結構いて。あとライブ会場での購入特典としてレコーディングしているときの私の日記をつけているんですけど、それを楽しみに会場で買ってくれる人も多いんです。

—実際、制作には2年ほどの時間を費やしているんですよね。

制作期間中に聴いていた人数は10人に満たなかったんです。でも10人で聴きすぎて、どれがリード曲に良いのか本当にわかんなくて、マネージャーさんに「どれがいいかわからないので、好きな曲を選んでください」ってお願いしたくらいでした。

—それで選ばれたのが「きっとね!」だったんですね。アルバムを通して聴いていてみても、すごく聴き心地がよかったのですが、曲順はどのように決めたんでしょうか?

今作はバンドメンバーと作ってたので、それもメンバーと一緒に決めました。曲が全部できたときにメンバー全員でそれぞれ曲順を考えて、試聴会をしたんです。良いお酒とおつまみを持って、スピーカーもめちゃくちゃ良いものを用意してもらって、ちゃんとみんなで綺麗に聴こえるところに座って聴きました。でも全部で44分もあるんで、順番に聴いているうちに疲れて寝ちゃうメンバーもいたりして(笑)。
全部聴いて誰のがよかったか話し合って、ブラッシュアップさせていきました。

—今回バンドメンバーと制作されたということで、かなりの時間を対話に費やしたそうですね。

本当に自分の考え方や作り方が全然違う人達だったので、なぜそれを弾くのか分からなかったんです。彼らの理想やロマンとかがあって、それが私と違うときに「私ならこうするのに」って思うけど、逆もまた同じで「なんで中村さんがこうするのかわかんない」ってなるんですよね。その解決が言葉以外なくて。

でも「なぜそうするの?」の理由が「かっこいいから」っていう時もあって。そういう時は「ちょっと私の思うかっこいいと違うから一回録音して解決してみましょう」って、どうしても時間のかかる方法じゃないと解決できないと思っていたし、言葉で伝えなければ進まなかったので、すごく話し合いました。

—最初はそういった「かっこいい」とかの音の感覚を擦り合わせるところから始めたんですか?

まずは「どういう制作の方法が自分たちに合っているのか」から始まりました。よくあるルーティーンだと、スタジオで会って、制作をして、解散をして、また持ち寄ってっていうパターンだと思うけど、その人は朝起きた時が一番ピークかもしれないし、おやつ前なのかもしれない。それをなるべく最大限に活かして作りたいから、合宿をして寝食を共にして、どのタイミングで始めてどのタイミングで辞めるのが良いのか、そういうところを擦り合わせるところからまず始めました。

—寝食を共にして制作するとなると音楽漬けの生活ですよね。

その話をすると「めっちゃストイックですね」って言われるんですけど、ストイックっていうよりも、それが一番楽だったんです。例えば夜には「佳穂ちゃん眠たくなったら絶対作れないタイプだから、もう佳穂ちゃんが好きなあのごはん食べに行って寝よう」とか「明日朝頑張れるように早く寝よう」とかお互い一番気楽に過ごせる方法で頑張れる状態を作っていったので、ずっと楽しく制作に向き合えていました。
「作れない」とか「もっと歌詞頑張りたい」とか、つらい気持ちもありましたけど「あー書けんなー…寝よ。みんな気遣ってくれてるし」って楽な気持ちで作れていました。

—すごく意外ですね。でも確かに体と心のことを考えると一番ストレスがない方法なのかもしれない。

音楽のことばっか考えているんだなって思われるかもしれないんですけど、そんなことはあんまりなくて。普通に何も考えてないこともあるし。ただ、「あー楽しいなー」って健やかに思える状態をちゃんと作るべきだってメンバーが思っていたのは本当に良かったところですね。みんな歳が違うので、お互い敬語で喋るんですけど、すごい仲良しで、ごはん作る延長線で音楽を作っていた感じがします。

—「健やか」というのは今作のキーワードかもしれないですね。

だから聴いてもらう人にも、無理矢理押し付けるのではなく、私たちの制作がそうだったように、その人のタイミングで、無理せず広がるときに広がればいいと思っていました。みんなに受け入れられる作品かどうか、作っている時には分からなかったので。

—すごく月日をかけて制作されている作品だから、もっと強く「聴いてほしい!」っていう気持ちになるのかな?と思ったのですが…。

「音が楽しい」で音楽なので。私たちは聴いてて気持ちいい理由を突き詰めるのが楽しいからやっているだけであって、HOW TOを見せたい訳ではないし。でも見たい人は全部見てって感じです。音楽だから好きな時に軽く聴いてくれたらいいよっていうスタンスなんです。

—何よりも楽しむことが大事と。

私たちは楽しいをなるべく追求するけど、それが誰かにとって楽しいかどうかは分からない。聴いてる人が楽しくなってもらうために努力をしているよりは、自分たちが楽しいと思えるものを追求して、それを見せれることが親切というか、良い事なんじゃないかなと思っています。そういう人に私が会いたいからっていうのもあるかもしれないです。

中村佳穂

次ページ:CD、配信、ライブ。それぞれで届くもの

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

中村佳穂
「手は生き物、声は祈り。」
1992年生まれ、京都、ミュージシャン。20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。ひとつとして同じ演奏はない。見るたびに新しい発見があるその姿は、今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げていく。
2016年『FUJI ROCK FESTIVAL』出演。2017年tofubeats『FANTASYCLUB』コーラス参加。imai(group_inou)『PSEP』コーラス参加。ペトロールズのカバーEP『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? EP』に参加。

閉じる