揺るぎないアイデンティティを確立したEASTOKLAB。メンバー全員で語るバンドの核とは

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:Kazma Kobayashi 

名古屋を根城に甘く美しいバンド・サウンドを生み出すEASTOKLABによる、デビュー・ミニアルバム『EASTOKLAB』が完成。細部まで緻密に計算された構築的な楽曲と、その根底にあるメンバー4人の人間性とは。メンバー加入後では初となる、全員インタヴューで紐解く。

ドリーミーで輝かしいシンセのレイヤーと、躍動するリズム。EASTOKLABの音楽を聴いていると、シルキーな音のカーテンに包まれるような感覚に陥る。The Skateboard KidsからEASTOKLABへと改名してから初となるアルバムで、彼らは一層揺るぎないアイデンティティを獲得したと言えるだろう。二台のシンセが織りなすハーモニーと、あらゆる音が有機的に重なるようにデザインされた楽曲は、同年代のバンドの中でも際立った個性である。EASTOKLAB初のメンバー全員取材で、バンドの根幹にある4人の音楽観へと迫った。

強固になったバンドの個性

ードリームポップやシューゲイザー、エレクトロニカやポストロックを下地にしながら、とても美しい音像を聴かせるような音楽になっていると思います。改名後一作目となる作品ですが、どういう手応えを持っていますか。

インタビュイー画像

岡大樹(Ba/Syn):

新しいことを沢山取り入れたアルバムになったと思います。以前の自分達の作品に比べても凄く面白いことができているし、周りのバンドに比べても、自分達にしかできない表現っていうのができてきた作品なのかなって思います。
インタビュイー画像

田保友規(Dr):

1曲目の「Fireworks」とかは特に今までにないリズムで曲ができていて、アルバム全体で言っても、音の立体感はかなり増しましたね。

ーまさに。これまでよりリズムのアプローチが多彩になったと思います。

インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

そうですね。ただ、意識的にリズムアプローチを変えていったわけではなく、制作は全てが自然に進んでいった印象でした。シンセを活用する場面がかなり増えたことで、曲を作っていく中で必然的に曲作りの方向が変わっていったところがあって、それでリズムも自ずと変化したっていう感じですね。手応えとしては、僕らのストロングポイントで勝負するようなアルバムが作れたなって思います。

ーEASTOKLABのストロングポイントってどんなことろだと思いますか?

インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

部分的に言ったら自分のファルセットもそうだと思うんですけど、一番大事にしてるのは楽器の重なり方、そして帯域とリズムのバランスです。多分パッと聴いただけで凄い!って思わせるものではないんですけど、自然と耳に入ってくる音楽でありながら明らかに音像として立体的で、一個一個の音が緻密に重なり合っているっていうところが自分達の強みかなと思います。わかりやすいポイントではないかもしれないけど、他のバンドではあまりないことをやっている意識はあります。

ーつまりバンドとしてより確固たるオリジナリティを獲得してきているのが今のタイミングだと思うんですけど。新しく加入された西尾さんは元々どんな音楽を聴いていて、どういうふうにこのバンドの中に馴染んでいきましたか。

インタビュイー画像

西尾大祐(Gt):

僕は海外の音楽で言うとインディーポップをよく聴いていたので、シンガーソングライターが宅録で作った音楽とか、Stella DonnellyAmy Oとかを聴いていて。

バンドで言えば、最近はThe Shacksとかも好きですね。いい意味でだるくて、聴いてて心地いいものを最近は特に聴くようになっているかなって思います。

ーなるほど。じゃあ元々はEASTOKLABとは違う音楽性のバンドをやられていましたか?

インタビュイー画像

西尾大祐(Gt):

そうですね。元々は普通のポップスをやっているバンドにいたので、今までこういう音楽性のバンドでギターを弾いたことはなかったです。なので制作の中で経験したことは、全部が初めてでした。それこそ、帯域のバランスを考えて曲を作っていくようなこともなかったから、まずは探り探り考えながらギターを弾く感じで。その中で自分の持っている要素をどうこのバンドの中で出していくのかっていうことを意識しながら作っていました。

ーその中で今は何か掴んだ感覚はありますか?

インタビュイー画像

西尾大祐(Gt):

この前ライヴをやったら、ずっとこのバンドの音楽を聴いていた人から僕のギターが入って変わったっていうことを言ってもらえて。自分が入ったことで、少しずつバンドの音にも変化が出てきているのかなって思いました。

ーメンバーから見ても、西尾さんのギターがこのバンドの音楽に何か新しい作用を与えていると思いますか?

インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

変わりましたね。楽器のプレイには人間性やその人の性格がめちゃくちゃ出ると思うし、僕はその人ならではの音を出せるプレイヤーが好きなんです。前のギターは性格的に大人しくて落ち着いた人だったんですけど、それが如実にプレイに出ていて。
インタビュイー画像

岡大樹(Ba/Syn):

どちらかと言えば、無機質な感じなところがありましたね。
インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

もちろんそれはそれで凄くいいことだと思うんですけど、僕としてはもうちょっと人間の色を出したい気持ちもあったんですよね。で、西尾君は面白い角度の切り口を持っているし、それでいてちゃんと楽曲の中心目掛けてギターを弾ける人でもあるから、僕らにとっても凄くプラスになっていると思います。

ー非常に緻密に作り上げられている音楽だと思いますが、皆さんはどういう音楽がルーツにありますか?

インタビュイー画像

田保友規(Dr):

海外のアーティストをよく聴くんですけど、僕は特定のバンドを聴くっていうよりかは、アイスランドの曲だったり、大陸感あったりするものをよく聴いたりしていて。それは自分が叩く音に影響してるかなと思いますね。
インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

でも、田保君だったらTychoに結構影響受けてるのかなっていうのは思います。
インタビュイー画像

田保友規(Dr):

ああ、確かにTychoはそうですね。よくライヴ映像とかを見たりもするんですけど、やってることはシンプルなのに何故か惹かれる個性やグルーヴがありますね。
インタビュイー画像

岡大樹(Ba/Syn):

僕は Warpaintとかトリップホップのような、ビートがカッコよくてちょっとサイケデリックな要素がある音楽が好きで、自分の音にも影響を受けているかなって思います。

ー確かに、このバンドの音楽性に通ずるところがありますね。

インタビュイー画像

日置逸人(Vo/Syn/Gt):

僕は〈4AD〉が好きで、一番好きなのはDeerhunterBlonde Redheadなんですけど。ルーツで言うとスマパン(The Smashing Pumpkins)をずっと聴いていましたね。レコーディングをしている時にエンジニアの人から「ループの仕方にスマパンの要素を感じる」って言われたから、やっぱり小さい頃からずっと聴いてたものって体に染みついているんだなって思います。
次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

Kazma Kobayashi

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

名古屋を拠点に活動。
エレクトロ、シューゲイズ、ドリームポップ、ミニマルミュージック、ベースミュージック、オルタネイティブ、ロックなど、さまざまなアレンジの手法を持ちジャンルを飛び越えたサウンドを鳴らす期待のニューカマー。
メロディに寄り添う流麗なボーカルとファルセットの美しさで独時の世界観を提示。
軽やかなリズム、浮遊感溢れるギターとシンセサイザーは壮大なサウンドスケープを描く。
ライブでは多数の機材をコントロールしながらも、同期系機材やループシステムを一切排除した人力ならではアプローチを追求している。
結成当初にリリースした会場限定カセットテープは完売、配信(Bandcamp)では海外からもオーダーを受け、アメリカのラジオ(DKFM)にてオンエアされるなど反響を得る。
現在までに、The Eversons(AU), Rah Rah(CA), The Elwins(CA), FRUSTRATION(FR), Bright like the Sun(US)VOOID(TW), Ryder Havdale(CA)等のジャパンツアーにサポートアクトとして抜擢。
名古屋のサーキットイベント「IMAIKE GO NOW」では3年連続で異例の2日間出演が決定するなど名古屋の音楽シーンを盛り上げるべく活動をしている。
現在まで2枚の自主制作盤をリリース。ライブ会場の他、「FLAKE RECORDS」「FILE-UNDER」「HOLIDAY! RECORDS」「diskunion」「タワーレコード名古屋パルコ店(タワクルで展開)」「HMV record shop 新宿ALTA」「アンダースコアレコーズ」「indiesmusic」「The Domestic」「LIKE A FOOL RECORDS」など、多数の店舗で取り扱いされ、話題を呼んでいる。

2019年6月5日、DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECTよりミニアルバム『EASTOKLAB』をリリース。
閉じる