羊文学のポップサイド『きらめき』。これは変化か、それとも根幹か?

文: 黒田 隆太朗  写:遥南 碧 

「女の子」をテーマにした、羊文学によるポップで開放的な新作『きらめき』。NEW EPとバンドのこれからを、メンバー全員で語る。

朗らかな新作だ。これまでの羊文学を印象づけていた、思春期に覚える行き場のない感情を鳴らしたようなサウンドも、曇天の空のような灰色の音像も、ここでは鳴りを潜めている。少なくとも、「あたらしいわたし」と「ロマンス」の2曲は、これまでの羊文学にはなかった開放感のある新曲だろう。
『若者たちへ』、「1999」と素晴らしきリリースを続けてきた羊文学の新作『きらめき』。それは「女の子」をテーマに制作されたポップで清涼感のあるEPである。さて、羊文学は変わったのか、それとも変わっていないのか?

羊文学の真ん中

ー一聴して柔らかい音が聴こえてきて、とても新鮮でした。本作の制作がどういうところから始まったのかを聞かせていただけますか。

インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

今年の春くらいに化粧品か何かのCM曲をコンペに出すって言われたのがきっかけなんですけど、最初はそんな曲ないわと思って。

ー(笑)。

インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

でも、去年の秋くらいに一度作ったまま、今出すのはちょっと違うかなと思ってた曲があって。それをアレンジしたら合うんじゃないかと思って作ったのが「あたらしいわたし」です。まあ、コンペは落ちましたけど。
インタビュイー画像

ゆりか(B):

そうだね(笑)。
インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

でも、別にEPのために曲を作るっていう感じではなくて、『きらめき』は今まであった中から、女の子っぽいやつを集めてみたEPっていう感じです。

ー「女の子っぽい曲」っていうのは、ご自身では羊文学のイメージとそうかけ離れたものではない?

インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

そうですね、これまでもあったと思います。確かに羊文学は歪みを持っていると思うんですけど。でも、ライヴではギターにオーバードライブをかけていても、レコーディングの時は何もかけてなくて。生音で録っている部分がほとんどだったりするし、これまでもたとえば「step」とかを聴いてみると、今回のEPみたいな音もあるんですよね。

ーうん、確かに。

インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

私は元々YUIが好きで小学生の時に音楽を始めたし、Justin Bieberも聴いていたから、ポップスも好きなんですよね。
インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

だったら今までは収録せずに溜まってきたガーリーなテイストの楽曲も、せっかくだから出してもいいんじゃないかなと思って。あと、私自身大人になってきたというか、ずっとガキではいられないじゃないですか。みんな若い頃はヘイトで曲を作ると思うんですど、そういうところから生まれるものって同じようなものばっかりなんですよね。それでたまにはこういうのもいいかなって。

ーゆりかさんとフクダさんは今回デモが来た段階でどんなことを思いましたか?

インタビュイー画像

ゆりか(B):

普段は弾き語りで送られてくるんですけど、「あたらしいわたし」はちゃんと打ち込みも入った状態で送られてきて、「ロマンス」は曲がポップで明るかったので、普段と違う感じはありました。でも、他の曲は明確な違いはなくて、作っていくうちにそれぞれ色が出てきたかなって思います。

ーその中でベースの当て方で何か変えようとしたところはありましたか。

インタビュイー画像

ゆりか(B):

結構変わったかもしれないです。いつもは男みたいな、太くてゴリゴリした音にしているんですけど、今回は優しくしようと思って。フレーズもこの曲の雰囲気に合うものになるように心がけました。
インタビュイー画像

フクダヒロア(Dr):

僕もテーマが「女の子」っていうところに新鮮さはありました。今までの楽曲はテンポも含めてダウナーな音だったり、暗い感じの曲もあったんですけど、今回は割りと歌が中心になっている曲になっていると思います。それでドラムも歌に寄り添うというか、リヴァーブはかけずに制作していきましたね。

ーなるほど。

インタビュイー画像

フクダヒロア(Dr):

でも、それでも3から5曲目は割とダウナーな曲になってるから。
インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

結局いつも通りだよね(笑)。
インタビュイー画像

フクダヒロア(Dr):

そんなに本質的なものは変わってないと思います。

ーでは、本質的なものというところで、羊文学の中心にあるものってなんだと思いますか?

インタビュイー画像

フクダヒロア(Dr):

…。
インタビュイー画像

ゆりか(B):

なんだろう?
インタビュイー画像

塩塚モエカ(G&Vo):

私の気持ち!

ー(笑)。

インタビュイー画像

フクダヒロア(Dr):

ヴォーカルのすべてです(笑)。
次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Ba.ゆりか Gt.Vo.塩塚モエカ Dr.フクダヒロア

羊文学(hitsujibungaku)
2012年、5人組コピーバンドとして結成。受験のための活動休止と数回のメンバーチェンジを経て、17年2月に現在のメンバーとなる。
東京都、下北沢を中心に活動。

多くの音楽から影響をうけた重厚なバンドサウンドと、意思のある歌声が特徴的なオルタナティヴロックバンド。
2016年 Shimokitazawa Sound Cruising、FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演
閉じる