自由奔放な音楽家・ビッケブランカ。過去最高に奇天烈な新曲はどうやって生まれた?

RELATED ARTICLE

関連記事

清竜人は何故歌謡曲を歌ったのか?縮小していくシーンに一石を投じる、クリティカルな新作『REIWA』

常に“今”を更新してきたSHE IS SUMMERの歩み。次への一歩『MIRACLE FOOD』とは

現代のポップを体現するさなり。 | Newave Japan #45

ひとりの空間へと還ったTHE CHARM PARK。パーソナルな新作に込めた思いを紐解く

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

後藤倫人

Writer

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

RELATED ARTICLE

関連記事

ひとりの空間へと還ったTHE CHARM PARK。パーソナルな新作に込めた思いを紐解く

昨年2枚組のアルバム『Timeless Imperfections』をメジャーからリリースしたTHE CHARM PARKが、新作『Standing Tall』をリリース。パーソナルな心情が反映された新作に込めた思いに迫る。

現代のポップを体現するさなり。 | Newave Japan #45

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。45回目は若干16歳の新星さなりが登場。

レッテルはいらない。ペンギンラッシュが目指す新たな「大衆性」

ペンギンラッシュがセカンドアルバム『七情舞』を発表。メンバー4人が「制作中によく聴いていた楽曲」をテーマに作成したプレイリストも公開。新作に込めた意志に迫る。

「ネオ歌謡ポップス」を掲げるSijima。日常の全シチュエーションを照らす音楽とは|BIG UP! Stars #13

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第12回目はSijimaが登場。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
幼少期、読めない楽譜を横目に、妹のピアノに触れてみる。
両親の影響で、日本のフォークと洋楽にも慣れ親しみ、小学校高学年で作曲を開始。
中高時代は、黙々と楽曲づくりに励み、音楽活動を目標に大学進学のため上京。
バンド活動でギター&ヴォーカルを経験した後、突如思い立ってピアノに転向。
携帯電話を捨て、1年間ピアノに没頭した結果、持ち前の集中力と天性の才能で、楽曲制作能力が爆発的に開花し、ソロ活動をスタート。

美麗なファルセットヴォイスと抜群のコーラスワークを、独創性に富んだ楽曲に昇華させ、ジャンルレスにPOPとROCKを自在に行き来する、
新しいタイプのシンガーソングライター。

人柄がにじみ出る、楽しく激しく盛り上がるライブパフォーマンスも注目度が高い。
閉じる