<MUSO Culture Festival>オンラインで開催!バーチャル空間に大中寺の堂宇と庭を完全再現

News

文: Kou Ishimaru 

2月13日(土)から21日(日)に開催が予定されていた<MUSO Culture Festival>が、緊急事態宣言の発令を受け、開催日時を変更。実施予定だったコンテンツは、オンライン上で空間を自由自在に動き回ることができるテクノロジー「Matterport」を用いた仮想大中寺「夢中空間」を中心に展開される。

2月13日(土)から21日(日)に開催予定だったカルチャーフェス<MUSO Culture Festival>が、政府からの緊急事態宣言の発令を受け、開催日時を変更。それに伴い、当初実施予定だったコンテンツは、バーチャル空間に設置された仮想大中寺「夢中空間」を中心に展開されることが決定した。

<MUSO Culture Festival 2021>は、静岡県沼津市を舞台にしたカルチャーフェスティバル。“音×禅×食” をテーマに掲げたフェスとなっており、当初はメイン会場となる「大中寺」を中心にミュージックライブやサウンドインスタレーション、アートインスタレーション、座禅会、沼津産品のフードマーケットなど多様なコンテンツが展開される予定だった。

今回の開催日時変更を受け、メイン会場の「大中寺」は、オンライン上で空間を自由自在に動き回ることができるテクノロジー「Matterport」を用いた仮想大中寺「夢中空間」として展開。現地でのサウンド&インスタレーションは2月19日(金)から21日(日)の3日間のみ、完全予約制で行われることとなった。

仮想大中寺「夢中空間」

オンライン上に構築される仮想大中寺「夢中空間」では、3Dカメラで空間をまるごとキャプチャしユーザーが自由自在に動き回ることができるテクノロジー「Matterport」を用いて、 大中寺の堂宇と庭を完全再現。

臨場感のある空間の中で、YOSI HORIKAWAによるバイノーラル音響の体験が可能になったと共に惣田紗希佐藤夏実によるアート作品も堪能することができる。

また、2月13日(土)に大中寺・本堂で開催予定だったミュージックライブも2月20日(土)に「夢中空間」で開催。当初出演予定だったDJ KRUSHYOSI HORIKAWAに加え、ermhoiもラインナップされ、禅の真髄をサウンドを通じて体験するかのようなコンセプチュアルなライブが行われる。

ermhoi

サウンド&アートインスタレーション – 大中寺・庭園(完全予約制)

「夢中空間」でも行われるサウンド&アートインスタレーションは、2月19日(金)から21日(日)の3日間に渡り、完全予約制で開催。美しい梅が咲く大中寺・庭園にて、リアルな体験も可能になる。

チケットの申込方法は後日発表予定となっているので続報を待っていてほしい。

EVENT INFORMATION

MUSO Culture Festival 2021

2021年2月19日(金)から21日(日)
大中寺

情報提供

clubberia(クラベリア)

20年目に突入した日本最大のクラブミュージック、エレクトロニックミュージックのポータルウェブサイト「clubberia 」。イベント情報や国内外の最新ニュース、パーティーレポート、インタビュー、ポッドキャスト、リリース情報などを発信。クラブシーンのイマを正確にそしてリアルタイムに音楽ファンに届けている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる