北欧サタニックメタルを描く名著『ブラック・メタルの血塗られた歴史』復刊!映画『ロード・オブ・カオス 』と合わせ写真展開催

News

文: Kou Ishimaru 

3月26日(金)より一般公開される映画『ロード・オブ・カオス』の原作にあたる『ブラック・メタルの血塗られた歴史』が〈Pヴァイン/ele-king books〉より復刊。タワーレコード新宿店にて映画の公開を記念したパネル展も開催される。

3月26日(金)より一般公開される映画『ロード・オブ・カオス』の原作にあたる『ブラック・メタルの血塗られた歴史』が〈Pヴァイン/ele-king books〉より復刊。

ノルウェーを中心に巻き起こった悪魔主義を標榜するアンダーグラウンドなヘヴィ・メタルのムーヴメント「ブラック・メタル」。本書は、しだいに教会放火などの犯罪行為やナショナリズムへの接近など過激化が昂じていく過程を追った一冊で、現在は絶版されていたが新たに解説を加えた形で復刊する。

内容は、ノルウェーのブラックメタル・アンビエントプロジェクト、Burzum(バーズム)のVarg Vikernes(ヴァーグ・ヴィケーネス)への獄中インタビューや「悪魔教会」教祖のAnton LaVey(アントン・ラヴェイ)を含め多数の主要人物や専門家への取材をふまえつつ、音楽的な歴史から、オカルト・悪魔崇拝の歴史、北欧における異教信仰やナショナリズムのあり方など社会的・文化的・心理学的な背景を丁寧に探ったドキュメンタリーとなっている。

また、タワーレコード新宿店にて映画の公開を記念したパネル展も開催。期間中に本書を購入した人は、プレゼントがあたる抽選にも参加できるそうなので、こちらもお見逃しなく!

INFORMATION

『ロード・オブ・カオス ブラック・メタルの血塗られた歴史』

2021年3月24日
¥3,500円(税別)
マイケル・モイニハン&ディードリック・ソーデリンド(著)
島田陽子(訳)
ISBN 978-4-909483-94-2
Pヴァイン

映画『ロード・オブ・カオス』

2021年3月26日(金)
シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか

出演:ロリー・カルキン(ユーロニモス)、エモリー・コーエン(ヴァーグ)、ジャック・キルマー(デッド)、スカイ・フェレイラ(アンマリー)、ヴォルター・スカルスガルド(ファウスト)

監督・脚本:ジョナス・アカーランド(『SPUN/スパン』)
脚本:デニース・マグナソン(『孤島の王』)
原作:『ブラック・メタルの血塗られた歴史』(著:マイケル・モイニハン 、ディードリック・ソーデリン ド)
音楽:シガー・ロス(『バニラ・スカイ』)
撮影:パー・M・エクバーグ(『ポーラー 狙われた暗殺者』)
編集:リカード・クランツ

EVENT INFORMATION

映画『ロード・オブ・カオス』公開記念キャンペーン

2021年3月24日から4月30日
タワーレコード新宿店

▼抽選キャンペーン
対象商品:原作本「ロード・オブ・カオス ブラック・メタルの血塗られた歴史を」1冊以上購入で、下記賞品が当たる抽選にご参加いただけます。

・映画招待券『ロード・オブ・カオス』
※抽選は賞品が無くなり次第終了となります。

▼場面写パネル展示
映画『ロード・オブ・カオス』の場面写真を店頭展示致します。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる