ドイツでクラブが「文化施設」に。美術館やオペラハウスと同等の法的ステータスを獲得

News

文: 伊東莉子 

ドイツにおいて、クラブをはじめとした音楽施設を「娯楽施設」という分類から「文化施設」として再認定することが決まった。この決定により、国からの保護が受けられるなど、音楽施設の文化的地位の向上が期待されている。

ドイツでナイトクラブやライブ・イベント会場を「文化施設」として再認定することが可決され、税制上の優遇措置など国の基準によって保護されることとなった。

これまでドイツでは、ナイトクラブは風俗店やカジノなどと同様の「娯楽施設」として分類されていた。そのため、クラブオーナーや支持者による委員会「Clubcommission」はクラブやライブハウスを文化施設として再区分し、オペラや劇場などと同じ法的区分にするよう主張。15ヶ月間以上にわたって問題解決のためのキャンペーンを行ってきた。

特にクラブのメッカとしても有名なベルリンでは、住民からの騒音クレームや市街地の高級化によって、過去10年間で100軒を超えるクラブが閉店。家の賃料や土地代などが上昇し、古くから住んでいた人や音楽関連の施設が居住環境の劣る場所へ移動しなければならなくなってしまうような、ジェントリフィケーションの問題も発生していた。クラブが文化施設としての地位を獲得したことにより、国の基準によって税制上の優遇措置などの保護されることとなるほか、営業エリアが広くなることも決まっている。ナイトクラブやイベント会場が街のアイデンティティを形成する、生活に不可欠なものだという認識が今後も高まっていくだろう。

情報提供

clubberia(クラベリア)

20年目に突入した日本最大のクラブミュージック、エレクトロニックミュージックのポータルウェブサイト「clubberia 」。イベント情報や国内外の最新ニュース、パーティーレポート、インタビュー、ポッドキャスト、リリース情報などを発信。クラブシーンのイマを正確にそしてリアルタイムに音楽ファンに届けている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

伊東莉子

1997年生まれ。チェコ語が少し喋れます。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる