ホースガール、名門〈Matador〉よりデビューアルバム発売決定! 新曲「Anti-glory」をリリース

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

シカゴの3人組バンド、ホースガールが〈Matador〉よりデビューアルバム『Versions of Modern Performance』を6月3日(金)にリリースすることが決定。同作からのリードシングル「Anti-glory」と映画監督エリン・ヴァッシロプスが手がけたMVが公開された。

ペネロペ・ローウェンスタイン(ギター/ヴォーカル)、ノラ・チェン(ギター/ヴォーカル)、ジジ・リース(ドラム)からなる若きシカゴの3人組バンド、ホースガールが話題を集めたシングル「Billy」に続いて、〈Matador〉よりデビューアルバム『Versions of Modern Performance』を6月3日(金)にリリースすることが決定。同作からリードシングル「Anti-glory」と映画監督エリン・ヴァッシロプスが手がけたMVが公開された。

現在大学1年生であるリースとチェン、そして高校3年生であるローウェンスタイン。シカゴの青少年芸術プログラムの重要なネットワークを通じて出会った彼らは、ジンなどを制作・流通する独自の小さなアンダーグラウンド・コミュニティを作り上げ、80年代、90年代のインディペンデント・ミュージックからの影響をDIYで表現し、シングル「Ballroom Dance Scene」をリリースしただけで自らもファンを公言するヨ・ラ・テンゴ擁する名門レーベル〈Matador〉との契約を勝ち取ったことで話題を呼んでいる。

今回リリースが発表されたアルバム『Versions of Modern Performance』は、スティーヴ・アルビニのエレクトリカル・オーディオでダイナソーJr.ソニック・ユースカート・ヴァイルを手がけてきたジョン・アグネロを共同プロデューサーに迎えて制作され、かつて“カレッジ・ロック”と呼ばれていたスカスカしたメロディズム、90年代ラウンジ・ミュージックのようなレトロ・フューチャーな光沢、シューゲイズの暖かい轟音、ポスト・パンク由来のミニマルなフックとリズムなどを見事にバンドの血肉としてアップデートした全11曲を収録。脈々と受け継がれてきたオルタナティヴ・ロックの遺伝子を色濃く受け継ぎながらも、再びその歴史に新たな息吹をもたらすであろう記念すべき作品に仕上がっているとのことだ。

なお、本作の日本盤CDには、解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックとして貴重なデモ音源を2曲追加収録。輸入アナログ盤は通常盤に加え、数量限定パープル盤が同時リリースされるそう。また日本ではBIG LOVE RECORDS限定でバンドのオフィシャル・サイトで販売されるクリア・ピンク盤が購入可能となっている。本日より各店にて随時予約がスタートするので、是非お買い逃しなく。

RELEASE INFORMATION

『Versions of Modern Performance』

2022年6月3日(金)
Horsegirl
〈Matador〉/〈Beat Records〉

▼国内盤CD(国内盤特典:ボーナス・トラック2曲追加収録/ 解説書・歌詞対訳封入)
¥2,200+税
OLE1846CDJP

▼輸入盤CD
¥1,850+税
OLE1846CD

▼輸入盤LP
¥2,850+税
OLE1846LP

▼限定輸入盤LP(限定パープル)
¥2,850+税
OLE1846LPE

【TRACKLIST】
1. Electrolocation 1
2. Anti-Glory
3. Beautiful Song
4. Live and Ski
5. Bog Bog 1
6. Dirtbag Transformation (Still Dirty)
7. The Fall of Horsegirl
8. Option 8
9. World of Pots and Pans
10. The Guitar is Dead 3
11. Homage to Birdnoculars
12. Billy
13. Billy (Demo) *Bonus Track for Japan
14. Birdnoculars (Demo) *Bonus Track for Japan

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる