black midi、7/15発売の最新アルバム『Hellfire』より先行シングル「Eat Men Eat」を配信!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

次世代UKロック・シーンの中でも突出した存在感を放つカリスマ、black midiが7月15日にリリースする最新アルバム『Hellfire』から新曲「Eat Men Eat」をリリース。合わせてMaxim KellyによるMVも公開された。なお、12月には来日ツアーも決定している。

圧巻の演奏スキルと爆発的イマジネーションで次世代UKロック・シーンの中でも突出した存在感を放つカリスマ、black midiが7月15日にリリースする最新アルバム『Hellfire』から新曲「Eat Men Eat」をリリース。合わせてMaxim KellyによるMVも公開されている。

新曲「Eat Men Eat」は、音楽的にロックとフラメンコのフュージョンとなっており、当初は“フラメンコ”というタイトルだったという。曲の最後には50人以上のファンから寄せられた音声音源が重ねられており、Demi Garcia Sabatによって取り入れられているパルマ(フラメンコで使われる手拍子)やパーカッシブなアプローチも注目の要素だ。

前作アルバム『Cavalcade』リリース後、ロックダウンが続くロンドンで制作されたアルバムは前作のメロディやハーモニーを踏襲しながら、1stアルバム『Schlagenheim』にあった性急で凶暴なバンド・アンサンブルが復活。最新アルバムでは、希薄になっていく現代社会の道徳を炙り出す様々なストーリーが一人称で語られていく一貫したコンセプトが敷かれている。また、プロデュースはバンドの新たな代表曲としてリスナーに熱烈な支持を集めた「John L」を手掛けたMarta Salogniを迎え、これまでにないほどblack midiの音楽の領域の広さや力強さ、強力なプロダクションを体現しているという。

なお、2022年7月15日(金)に世界同時発売される本作の日本盤CDおよびTシャツ付限定盤には解説および歌詞対訳が封入され、ボーナストラックとしてSteven Albini録音によるライブ音源を追加収録。アナログは通常/限定盤ともに初回生産分にはアルバムアートワークを手がけたDavid Rudnickによる日本語帯付仕様でのリリースとなる。また豪華オリジナル特典も続々決定しているほか、12月には来日ツアーも予定されているので、引き続きバンドからのアナウンスをチェックしてほしい。

RELEASE INFORMATION

『Hellfire』

2022年7月15日(金)
black midi
国内盤CD 2,200円(税別)
国内盤1CD+Tシャツ付き 6,200円(税別)
輸入盤LP(限定レッド/初回限定日本語帯付仕様)
2,850円(税別)
ROUGH TRADE / Beat Records

【TRACKLIST】
1. Hellfire
2. Sugar/Tzu
3. Eat Men Eat
4. Welcome To Hell
5. Still
6. The Race Is About To Begin
7. Dangerous Liaisons
8. The Defence
9. 27 Questions
10. Sugar/Tzu (Live at Electrical Audio, Recorded by Steve Albini) *Bonus Track for Japan
11. Still (Live at Electrical Audio,Recorded by Steve Albini) *Bonus Track for Japan

EVENT INFORMATION

『black midi JAPAN TOUR』

2022年12月4日(日)
東京SHIBUYA O-EAST (1st SHOW / 2nd SHOW)

2022年12月5日(月)
大阪 UMEDA CLUB QUATTRO

2022年12月6日(火)
名古屋 NAGOYA THE BOTTOM LINE

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる