ゲスの極み乙女、改名で取れた“。”をNFTアートとして販売!新曲も書き下ろし

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

6月18日に幕張メッセ・幕張イベントホールにて開催した結成10周年記念公演<解体>にて改名し、バンド名の最後についていた「。」を取ることを発表したゲスの極み乙女が、その「。」をNFTアートとして販売。本NFTでは、ゲスの極み乙女の未公開新曲「Gut Feeling」を、複数の楽曲データに分けて聴くことができる。

6月18日に幕張メッセ・幕張イベントホールにて開催した結成10周年記念公演<解体>にて改名し、バンド名の最後についていた「。」を取ることを発表したゲスの極み乙女が、その「。」をNFTアートとして販売。デジタル資産の所有者を明確にできることで「希少性」という観点で注目されているNFTアートだが、ゲスの極み乙女が初の試みとしてNFTを通してアーティストとファンを結ぶグローバルなプラットフォーム「Kollektion」と取り組むプロジェクト名は「Maru」。ゲスの極み乙女のバンドメンバーにちなんだ1,203点のアート作品からなるNFTプロジェクトで、ニューヨークやミラノのファッション・デザイン業界で活躍し、現在はロンドンを拠点に活動するデザイナーのCentral Parkによって、メンバー4人の顔の顔をはじめとした丸い形をした様々なデザインに生まれ変わった多数の丸(Maru)が組み合わさり、万華鏡のように進化したアートは、未公開新曲の「Gut Feeling」をのせ、1203点の音楽xアートNFT「Maru」として、2022年7月1日より「Maru」のウェブサイト上で販売を開始するという。

メンバー4人の顔、ギターやドラムといったバンドで利用される楽器、日本の文化を表現した鯉のぼりや駒、そしてメンバーの出身地を代表する長崎ちゃんぽんをはじめとした食べ物等、ユニークなデザインの丸が組み合わさり万華鏡の様に回転する、一点もののアートを楽しめる。

また、本NFTでは、ゲスの極み乙女の未公開新曲「Gut Feeling」を、複数の楽曲データ(ステム)に分けて聴くことができる。楽曲は、川谷絵音休日課長ほな・いこかちゃんMARIの4つのパートに別れており、それぞれのNFTに掲載されるメンバーの顔に応じて、流れる音楽が異なり、メンバー4人の顔が揃ったレアなNFTでは、全ての音楽を同時に流すことができるという。販売方法などの詳細は7月1日に発表される予定とのことなので、是非楽しみにしてほしい。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる