動物愛Indieバンド・Jan flu、今月2作目のシングル「Hedgehog spin」をデジタルリリース!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

Indieバンド・Jan fluが、6月22日(水)に同月2枚目となるシングル「Hedgehog spin」を配信リリースした。なお、Jan fluは、今後のリリーススケジュールについて公開。6月にリリースしたシングル2曲を含む2ndアルバム『Discoveri ch.』を8月3日に配信リリースすることを発表した。

Indieバンド・Jan fluが、6月22日(水)に同月2枚目となるシングル「Hedgehog spin」を配信リリースした。本作は〈HIP LAND MUSIC〉によるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス〈FRIENDSHIP.〉がデジタルリリースをサポートしている。前回のスポーツをコンセプトとしたEP『Sports』から約2年の時を経て、アスリートに強く憧れる4人組から動物を心から愛する4人組となってリニューアルしたJan flu。本楽曲は、今までのポップでクリーンなサウンドから大きく転換し、パワーあるサウンド、疾走感のあるビートとなっている。サビ前半は、歌入りではなくギター2本の和音を主旋律としており、後半から歌が入るという少し変わった展開が特徴的。

また本作には、カップリング曲「Hedgehog spin (self remix)」が2曲目に同梱。こちらの楽曲は、裏テーマをゲームとし、バンドメンバーによる作曲/ミックスで制作されている。なお、1曲目のバンド楽曲については、ミックスをAyumi Nakamura(POINT HOPE)、マスタリング中村宗一郎(ピースミュージック)が、アートワークはKubo(Gt)がCG制作、Takuro Fukuda(Dr)がデザインを担当し、2曲目のセルフリミックスについては、P.Necobayashi(Vo&Gt)がトラックメイキング/ミックスを、マスタリングはKazuki Muraokaが担当している。

さらにJan fluは、今後のリリーススケジュールについて公開。6月1日、6月22日にリリースしたシングル2曲を含む8曲入り2ndアルバム『Discoveri ch.』を8月3日にデジタルリリースすることを発表し、そのアルバムリリースに先立って、7月13日にはアルバムリードトラック「Doggg runnn」を先行公開するとのことなので、今後の展開から目が離せない。

P.Necobayashi(Vo&Gt) コメント

本作は有名ゲームタイトルの、あの青い速いハリネズミがモチーフとなっている。楽曲ラストの音で気づいた方もいるだろう。もしJan fluがその曲を書いたら……というイメージのもと、作曲・制作を行った。

同ゲームタイトルのサウンドトラックは、疾走感のあるクールなUSサウンド、パワーがありプレイヤーを高揚感へ導くような展開が持ち味である。Jan fluがやると、このビート・この歪みギター(100点とは言えない少しヘナヘナした歪み感)という、「らしさ」の出た楽曲に仕上がった。疾走感や高揚感は負けていないはず!

RELEASE INFORMATION

『Hedgehog spin』

2022年6月22日
Jan flu
配信リリース
〈FRIENDSHIP.〉

【Track List】
1. Hedgehog spin
2. Hedgehog spin (self remix)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる