人気ギタリストが続々登場。ニューヨークで愛されるギターショップのドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』が8月公開

News

文: Asahi 

ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン...人気ギタリストらが続々登場。彼らを虜にするギター職人の姿を映すドキュメンタリー『カーマイン・ストリート・ギター』が8月10日(土)より新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。

第75回ヴェネツィア国際映画祭や、第43回トロント国際映画祭など、多くの映画祭にて好評を博したニューヨークにあるギターショップのドキュメンタリー『カーマイン・ストリート・ギター』が8月10日(土)より新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開となる。

本作品は、『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』を手掛けたロン・マンの監督作でニューヨークにあるギターショップのドキュメンタリー。

グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。店員は、パソコンも携帯も持たない寡黙なギター職人のリック・ケリーと、ちょっとパンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人のみ。

世界中のギタリストを魅了する、この店だけの“ルール”。――それは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。チェルシー・ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ…、それらは長年愛されてきた街のシンボル。工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテージ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えるのだった。

ルー・リード、ボブ・ディラン、パティ・スミスら大御所が彼のギターを愛用し、劇中ではビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンなど、人気ギタリストたちが次々と来店。さらには、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャームッシュの姿も。足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの一週間を映し出す。

ギター、音楽好きには堪らない本作。是非この機会をお見逃しなく。

公開情報

『カーマイン・ストリート・ギター』

8月10日(土)より新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
監督・製作:ロン・マン
扇動者:ジム・ジャームッシュ
編集:ロバート・ケネディ
出演:リック・ケリー、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)ほか
音楽:ザ・セイディーズ
配給:ビターズ・エンド
2018年/カナダ/80分/原題:Carmine Street Guitars
©MMXVIIISphinx Productions.
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/carminestreetguitars/

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる