TAEYO、グローバルシャイなど『DIGLE SOUND』プレイリスト全35曲更新

News

文: 梶野有希 

DIGLE MAGAZINE編集部のリコメンド楽曲を集めたウィークリープレイリスト『DIGLE SOUND』。TAEYO「Let me down」、グローバルシャイ「国人ラップ」など今週の注目曲をコメント付きでご紹介。

今週のDIGLE SOUND注目曲

グローバルシャイ「国人ラップ」

インタビュイー画像

Etoo:

グローバルシャイ「国人ラップ」 なみちえ自身が作詞した、見た目による偏見や差別を問う今一番聴かれるべき楽曲。冒頭のリンの音から怪しげなベース音もカッコいい。

TAEYO「Let me down 」

インタビュイー画像

久野:

Taeyoung Boy改めTAEYOのメジャー1stEPから先行配信。彼にぴったりな夏と海のイメージが浮かぶ曲だけど、切なさの引き出し方に以前より大人になった彼を見た気がしました。

uminecosounds「梅干し」

インタビュイー画像

黒田:

東京・ウミネコカレーの店主である古里おさむが所属するuminecosounds。素晴らしい歌と素晴らしいギター、そして素晴らしい言葉。朝この曲を聴くと、なんだかいいことがありそうな気になってくる。

SUKISHA, ぜったくん「Future Animals」

インタビュイー画像

Asahi :

シンガー/トラックメイカー・池澤寛行のソロ・プロジェクト、SUKISHAがぜったくんとフィーチャーした一曲。グルービーなサウンドと様々な展開が楽しめる一曲となっています。

[Alexandros]「Starrrrrrr -Bedroom ver.」

インタビュイー画像

あき:

原曲は煌びやかでアップテンポなギターロックだが、本曲は静かな夜が似合う繊細なアレンジ。より鮮明に聴こえるリリックからは優しさと脆さ、小さな光を感じる。(あき)

‬‪‪‪ ‪mei ehara「どちらにピントを」

インタビュイー画像

Ishimaru:

何度も繰り返される「機会に頼ってきた」「何かに怯えていた」の言葉が頭にこびりつく。快、不快をぎりぎりのバランスで往来するのも魅力。

Lucky Kilimanjaro「HOUSE」

インタビュイー画像

Akari:

外に出ずに部屋で楽しむ方法をとことん追求したダンスチューン。外では恥ずかしいけど部屋なら思う存分踊れる。インドアは楽しい。

DIGLE MAGAZINE編集部おすすめ曲プレイリスト『DIGLE SOUND (Weekly)』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる