80'sロック名曲彩る映画『LETO -レト-』特別映像が公開

News

文: Kou Ishimaru 

7月24日(金)より全国の劇場で公開される映画『LETO -レト-』の特別映像と第2弾ポスタービジュアル、メイキングが解禁。

7月24日(金)より全国の劇場で公開される映画『LETO -レト-』の特別映像が公開。合わせて、第2弾ポスタービジュアルとメイキングも解禁された。

『LETO -レト-』は、カンヌを始め世界中の映画・音楽ファンを大熱狂の渦に巻きこんだ最新映画。キリル・セレブレンニコフ監督が手掛け、ロシアの伝説的バンド・キノ(Кино)のヴォーカルであるヴィクトル・ツォイと、彼の音楽的才能を見出したロックシンガーのマイク・ナウメンコ、そしてその妻ナターシャの3人をモデルに、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に自由と音楽を追い求めた若者達のひと夏を描いた青春バイオグラフィ映画だ。

このたび解禁となった特別映像では、波打ち際ではしゃいだり、浜辺で歌う若者たちや、友達のようにふざけ合いながらも急接近する男女、暑さも吹き飛ばすようなライブシーンなど、夏を感じさせる場面がいくつも切り取られている。さらに、あまりにも有名なヨーコ・オノジョン・レノンのキスを模したシーンで締めくくられるラストカットに胸が高ぶり、夏が待ち遠しくなる映像となっている。

第2弾ポスタービジュアルは、80年代当時の色彩を著しく欠いたような旧ソ連の街頭風景に、自由なタッチでビビットピンクが塗られたデザイン。3人の微妙な距離感が、ほのかにビターな恋も予感させるビジュアルだ。

さらにあわせて解禁されたメイキングは、ユ・テオが演じるヴィクトル・ツォイのライブシーン、ローマン・ビールィク演じるマイクが酒を片手に電話BOXにたたずむ姿や、楽屋でギター片手にタバコをふかすロックミュージシャンなどが切り取られ、モノクロのCDジャケットのような写真となっている

メイキング

INFORMATION

LETO -レト-

原題『LETO』英題『LETO(The Summer)』  

監督:キリル・セレブレンニコフ
出演:ユ・テオ、イリーナ・ストラシェンバウム、ローマン・ビールィク

2018/ロシア・フランス/スコープサイズ/129分/モノクロ・カラー/英語・ロシア語/DCP/5.1ch/日本語字幕:神田直美原語監修:松澤暢子/

後援:駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁、ロシア文化フェスティバル組織委員会 

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© HYPE FILM, 2018

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる