DURANが自身の差別経験から“命の平等”テーマにした新曲リリース

News

文: やぎれお 

シンガーソングライター、ギタリスト DURAN “命の平等”をテーマにした新曲「No In Between (feat. Mars Daniel & Southeast!)」を8月16日(日)にリリース。

シンガーソングライター、ギタリストのDURANが“命の平等” をテーマにし、Mars DanielSoutheast!を迎えた新曲「No In Between (feat. Mars Daniel & Southeast!)」を8月16日(日)にリリースした。

この曲は、2020 年 5 月アメリカで起きた黒人男性が白人警察官に殺害された事件を受け、全米各地で「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」を訴える抗議デモが拡大する中、LA の友人ミュージシャンをフィーチャーし書かれた楽曲。DURAN自身が混血であるが故日本や海外で受けた差別から、各国の文化や価値観をリスペクトし「すべての命は平等であるべき」という強い思いが込められている。

INFORMATION

Digital Single リリース

アーティスト名: DURAN
タイトル: No In Between (feat.Mars Daniel & Southeast!)
リリース: 2020年8月16日(日)午前0:00より各配信ストアにて配信

DURAN

シンガーソングライター、ギタリストで日本生まれフィリピン育ちのスパニッシュ系フィリピン人と日本人の混血。3 歳でピアノを始め、14 歳にベーシストの父親の影響でギターを始める。数々のバンドで活躍する中、稲葉浩志 (B’z)、スガ シカオ、小袋成彬などEXILE ATSUSHI が率いるバンド RED DIAMOND DOGS にギタリストとしても参加。2018 年にスガ シカオ、清春、Katsuma(coldrain) がフィーチャリング参加したアルバム”FACE” をリリースし、本格的なソロ活動スタート。自ら全てのソングライティング、演奏、ミックスまでこなし、美しくソウルフルな歌声とエモーショナルで超越したギタープレイで国内問わず注目されるアーティスト。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

やぎれお

海外エンタメオタクの男子大学生。洋楽、海外ドラマ、海外セレブ情報まで海外エンタメが大好きです。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる