究極の観劇体験『JOKER』のフィルムコンサート 2021年2月東京国際フォーラムにて開催

News

文: Kou Ishimaru 

映画『JOKER』のフィルムコンサートが、2021年2月20日(土)、21日(日)東京国際フォーラム ホールAにて開催決定。作品全編を超巨大スクリーンと高質なサウンドシステムを用いて上映するほか、フル・オーケストラのライブ演奏が伴う究極の観劇体験となっている。

映画『JOKER』のフィルムコンサートが、2021年2月20日(土)、21日(日)東京国際フォーラムホールAにて開催決定。

『JOKER』は、DCコミックで登場する“悪のカリスマ=ヴィラン・ジョーカー”を主人公とし、2019年に日米同時上映された映画。バットマンの宿敵としてこれまでHeath Ledger(ヒース・レジャー)、Jack Nicholson(ジャック・ニコルソン)といった歴代アカデミー賞俳優が演じた映画史上最も有名なスーパーヴィランを、アカデミー賞スタッフキャストがどのようにして誕生したのかを描いたサスペンス・エンターテイメント作品だ。

2019年に上映後、日本国内で興行収入50億円超、動員数343万人を記録し、世界ではアカデミー賞主演男優賞、最優秀作曲賞(※ノミネートは同年最多11 部門)、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞はじめ数多くの賞を受賞、R指定の作品としては史上最高の興行収入1,000 億円を突破し、各国で社会現象にもなった。

今回開催が決定した『JOKER LIVE IN CONCERT』では、本作の全編を超巨大スクリーンと高質なサウンドシステムを用いて上映。さらにフル・オーケストラのライブ演奏が伴う究極の観劇体験となっている。

アイスランドの人気グループ・múm(ムーム)の主要メンバーであり、チェリストのHildur Guðnadóttir(ヒドゥル・グドナドッティル)が作曲を手掛け、第77回ゴールデングローブ賞作曲賞、第92回アカデミー作曲賞を受賞した本作の楽曲が、大スクリーンで流される本編映像にシンクロし、豪華フルオーケストラによって生演奏される。

怒涛の展開が見る者の心を掴んで離さない本公演を、是非体験してみてほしい。

コメント

Hildur Guðnadóttir(ヒドゥル・グドナドッティル)

息を飲むようなオーケストラの演奏による、美しいトリップ体験――
本公演を通じて、観客とそんな時間を共有できることをうれしく思う。

トッド・フィリップス(監督)

映画『JOKER』の製作に関わった全ての人々に代わって、本公演が実現することへの喜びと興奮を代弁したい。

「JOKER LIVE IN CONCERT」は、ヒドゥル・グドナドッティルの楽曲の数々に没入し、狂気へと堕ちていく主役ホアキン・フェニックスを目撃する、究極の観劇体験だ。

EVENT INFORMATION

JOKER LIVE IN CONCERT

日時:2021年2月20日(土)19:00 開演

21日(日)13:00 開演 / 18:00 開演

会場:東京国際フォーラムホールA
上演時間:2時間2分(別途休憩あり)

指揮:上野正博
演奏:東京21世紀管弦楽団

▼チケット料金(全席指定・税込)

S席 9,800円
A席 7,800 円
U-25 チケット 5,000 円

(観劇時25 歳以下対象、要身分証明証、当日指定席券引換/「パルステ!」、チケットぴあにて
 前売販売のみの取扱い)

前売り開始:2020年12月5日(土)

※R15+指定: 15歳未満のお客様のご来場は、ご遠慮下さい
※英語上映、日本語字幕付き

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる