台湾の大人気ロックバンド・旺福(ワンフー)の姚小民が選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

FRED PERRY

文: DIGLE編集部 

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中から台湾のバンド・旺福(ワンフー)のギターボーカル・姚小民(Yao Xiao-Min)をご紹介。

姚小民が選ぶブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストは、台湾のバンド・旺福(ワンフー)のギターボーカル・姚小民(Yao Xiao-Min)。

姚小民は、自身の十代を定義した曲にSupergrassの「Allright」や、永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードとしてThe Beatlesの『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』を挙げており、プレイリストには、Supergrass、The BeatlesをはじめBlurJake BuggLou Reedらの楽曲が全13曲が収録されています。

フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽のルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page

名前:姚小民(Yao Xiao-Min)

台湾のバンド・旺福(ワンフー)のギター&ボーカル。バンドは、1998年に結成され、小民(シャオミン)、同じくギター&ボーカルのmami、ベース&ボーカルのTwiggy、ドラムの肚皮(ドゥピー)の4人からなる人気バンド。

姚小民のブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる