通勤で聴きたい国内HIPHOP5選 chelmico、Jin Dogg,REAL-Tら|mini playlist vol.38

miniplaylist

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

テーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第38回目は「通勤で聴きたい国内HIPHOP5選」をテーマにセレクト。chelmico「Player」やJin Dogg, REAL-T「街風」など、様々な角度から私たちを励ましてくれる、通勤で聴きたい国内HIPHOP曲をご紹介。

DIGLE MAGAZINEがテーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第38回目は「通勤で聴きたい国内HIPHOP5選」をテーマに、様々な角度から私たちを励ましてくれる、通勤で聴きたい国内HIPHOP曲をセレクトしました。少し憂鬱な通勤時間で気持ちを切り替えるには、背中を押してくれるような音楽を聴くのが一番です。

通勤で聴きたい国内HIPHOP5選

chelmico「Player」

軽快なフロウとアッパーなトラックで朝からテンションが上がる曲。ポップなフックは一緒に口ずさみたくなる。

Jin Dogg, REAL-T「街風」

低音の効いたトラックや二人の背景を描いたリリックに気合が入る曲。冒頭<そろそろ仕事だ>というセリフがハマる。

SEEDA, L-VOKAL, luna「WE BE SMOOTH」

自分らしく生きることを綴ったリリックが刺さる一方で、メロウなトラックがリラックスさせてくれる。

SALU「In My Life」

仕事中に感じそうなモヤっとした気持ちをリアルに描きながらも、それを切り替えて前に進んでいける曲。

SUSHIBOYS「死んだら骨」

キャッチーなリリックとトラックが楽しいだけでなく、辛い時は逃げてもいいんだと思えるリリックに救われる。

ミニプレイリストは毎日更新中

DIGLE MAGAZINE 公式SNSでは、早耳の音楽リスナーの間で話題の音楽情報だけでなく、皆さんのオススメ曲も随時募集してシェアしています。気軽に話せるアカウントなので、ぜひフォローして参加してみてください!

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる