AKINA(FAKY)選曲『A mellow and heartfelt playlist』SZA、Jhene Aikoなど|連載2/4

Rensai

文: DIGLE編集部 

12月18日に2ndソロ・シングル「Gravity」をリリースした5人組グループ・FAKYのAKINAが、メローで心のこもった楽曲をセレクトしたプレイリスト『A mellow and heartfelt playlist』を全4回でお届けします。

AKINAが選曲したプレイリスト

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:

今の関係から前に進むべきかそれとも留まるべきかもわからないといった繊細な歌詞から構成されたメローで心のこもった楽曲。

A mellow and heartfelt playlist composed of intimate lyrics of not knowing whether or not you want to move on from a current relationship.

Touch / AKINA

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:

歌詞は痛々しいほどパーソナルなものですが、ビートはかなり高揚しているコントラストのある楽曲です。

The lyrics are painfully personal while the beat is rather uplifting.

The Worst / Jhene Aiko

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:

この曲は、その人が「最悪」であることを知っているにもかかわらず、去ることができないことを物語っています。

This song is about despite knowing this person is “the worst,” not being able to leave.

Hawaiian Mazes / Banks

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:

現在の関係性がどうなっているのかは不確かですが、この曲は楽園のように聞こえるメロディーでも、実際のところは“手放す”ことをテーマに歌われています。

Unable to see the reality of the current state of the relationship, this song sounds like paradise but is actually about letting go.

Supermodel / SZA

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:


この楽曲の歌詞は、一部の女性がパートナーの満足度・興味を維持するために探す必要がある基準について正直に綴られています。

These lyrics are so honest about the standards some women feel like they need to look to keep their partner interested/satisfied.

urs / NIKI

インタビュイー画像

AKINA セレクトコメント:


このポップチューンは、すでに他の人に目移りしているのに、パートナーと一緒にいることについて描いています。

This pop tune actually talks about staying with your partner knowing they are seeing someone else.

AKINAセレクトプレイリスト

INFORMATION

AKINA 2nd配信シングル「Graivty」

2020.12.18 リリース

ダメだとわかっていても引力のように引き込まれてしまうイケない恋を描いたナンバー。
AKINA自身初の作詞・作曲を手掛けた楽曲。

AKINA Profile

カリフォルニアに生まれ沖縄とアメリカで育った、東京在住の21歳のシンガーソングライター。

アメリカと日本のハーフで幼少期から世界各地を転々、多様なカルチャーに触れながら育つ。2015年、ガールズ・ユニオンFAKY(フェイキー)のメンバーとして活動するため来日、15歳の時にグループとしてメジャーデビュー。Spotifyのバイラルチャートで日米Top10入り、ブラジル/カナダ/スペインでの公演、サマーソニック2年連続出演など、日本国内に止まらずグローバルに活躍を続けている。

パワフルさと繊細さを併せ持つ歌声や、世界的コレオグラファーからも認められるトップレベルのダンスパフォーマンスを武器にFAKYとして活動。その傍ら、USメジャーのポップスからオルタナティヴ、インディーR&BにヨーロッパのSSW、さらには日本のシティポップまで、独自の音楽センスで幅広く吸収してきたエッセンスを活かし自ら作詞・作曲も行ってきた。

そしてそのオリジナリティに溢れる唯一無二の音楽性と、15歳から世界を舞台に培ってきた歌唱力・表現力の高さを活かし2020年、万を持してソロデビュー。

自分が何者であるのか、自分がどこに属しているのか。個性的かつ普遍的なメッセージと高い表現力を併せ持つ、マルチカルチュラルな女性アーティストである。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる