MATSURIのプレイリスト『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』vol.2|STUTS, 松たか子、神山羊など

Rensai

文: DIGLE編集部 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。今回は、沖縄在住のアーティスト、MATSURIが“非日常・特別”を感じられる楽曲を集めたプレイリスト『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』を4週に渡ってお届けします。

ーあなたは、どんなプレイリストを作る?

アーティストの方にテーマを決めていただき、それに合わせた楽曲を紹介していただくプレイリスト連載。隔週で4回に渡り、プレイリストの楽曲を更新していきます。

沖縄在住のアーティスト、MATSURIが「ハレ」と呼んでいる、“特別な瞬間・思い出の記憶に対して感じるどうしようもなく切ない気持ち、懐かしいような羨ましいような感情”。今回の連載では、そんな非日常・特別を意味する「ハレ」を感じられる楽曲をご紹介します。

Profile

MATSURI

沖縄県在住のアーティスト、MATSURI。

2021年の4月にリリースした1st digital single「金魚すくい」がテレビ東京系連続ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」の主題歌に抜擢され、新人ながら注目を集めた。その後も2nd digital single「蛍」では、話題の書道アーティストとコラボした配信ジャケットを公開。3rd digital single「線香花火」リリースのタイミングでは、沖縄県に住みながらも全国・世界に音楽を届けていくエリアレスな活動が評価され、日本最大級のSDGsイベントにZ世代の代表としてアンバサダーにも選ばれた。

祭りの日から感じられる“特別な気持ち”“不思議な気持ち”“ワクワクする気持ち”を MATSURI の音楽からも感じてもらいたい。そんな想いから「祭りの日」をコンセプトに楽曲を制作。同世代で悩んでいる人や居場所が見つけられない人にとってのハレの日のような存在になれるアーティストとして活動していく。

Track5-8

MATSURI「蛍」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

残り続ける想いの強さだったり、その存在の儚さを蛍になぞらえて歌った楽曲です。今していることが無意味なことだとしても、忘れられることの方が残酷だから、ここで生きてみる。そんな強さと儚さが入り混じった曲のストーリーから、ハレを感じてもらえたら嬉しいです。

 STUTS, 松たか子, KID FRESINO, 3exes「Presence I」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

「永遠にチャンスは無くなる?」歌詞の中からチラチラと不安が感じられる曲ですが、サビになると一変。まさに物語の主人公のような強くて美しい女性像が曲から思い浮かんできます。ドラマもリアルタイムで観ていたのですが面白くてとても好きでした。

神山羊「⻘い棘」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

特徴的なリズム感で繰り広げられながらも、落ち着くメロディの1曲です。記憶の中の痛みや悲しみって、慣れはしても完全に消し去ることって難しいですよね。ちょっとしたきっかけで思い出が溢れてくる。この楽曲を聴いていると、そんなどうしようもない程の切なさが感じられます。

maeshima soshi, Kai Takahashi, Rin音「So Far」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

左右をグラグラと揺れるようなイントロから始まる1曲。歌詞の「君と僕が似てたらくっつくことが出来ないからさ」という磁石に例えたフレーズ。自分と似てる人は安心感があるけど、自分と違う人は興味が湧いたり、知りたいなと思って引き寄せられる事あるなぁ…とこの歌詞で感じました。

MATSURI PLAYLIST『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』

Profile

MATSURI

沖縄県在住のアーティスト、MATSURI。

2021年の4月にリリースした1st digital single「金魚すくい」がテレビ東京系連続ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」の主題歌に抜擢され、新人ながら注目を集めた。その後も2nd digital single「蛍」では、話題の書道アーティストとコラボした配信ジャケットを公開。3rd digital single「線香花火」リリースのタイミングでは、沖縄県に住みながらも全国・世界に音楽を届けていくエリアレスな活動が評価され、日本最大級のSDGsイベントにZ世代の代表としてアンバサダーにも選ばれた。

祭りの日から感じられる“特別な気持ち”“不思議な気持ち”“ワクワクする気持ち”を MATSURI の音楽からも感じてもらいたい。そんな想いから「祭りの日」をコンセプトに楽曲を制作。同世代で悩んでいる人や居場所が見つけられない人にとってのハレの日のような存在になれるアーティストとして活動していく。

RELEASE INFORMATION

『ハレノヒ』

2022年4月20日(水)
MATSURI
配信リリース / CD ¥1,500(税込)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる