羊文学が選ぶプレイリスト『夏におすすすめの曲』Bon Iver、Rhyeなど | 8月連載1/3

Rensai

文: Kou Ishimaru 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。羊文学が8月は『夏におすすすめの曲』をテーマにメンバーが週替りでセレクト。今週はGt/Voの塩塚モエカさん。

羊文学の塩塚モエカがセレクトする『夏におすすすめの曲』

Crash into Me / デイヴ・マシューズ・バンド

インタビュイー画像

塩塚モエカのセレクトコメント:

映画『レディー・バード』のサントラに入っていてここ最近毎日聴いている曲。切なすぎる…!展開のアレンジも面白いなと思いました。

Hey, Ma / ボン・イヴェール

インタビュイー画像

塩塚モエカのセレクトコメント:

何度作品を出してもずっとあたらしくて、常に最高を更新しているBon Iver。彼の最新作はつきぬけるような爽やかな仕上がりで、夏にぴったりです。

Please / ライ

インタビュイー画像

塩塚モエカのセレクトコメント:

去年初めてこのCDを手に取ってから夏の定番はこれと決めました。彼の透き通るような声をきいていると、ついつい夜更かししてしまいます。

King And Lionheart / Of Monsters and Men

インタビュイー画像

塩塚モエカのセレクトコメント:

高3の夏休み、毎日お風呂で聴いていて、なぜか私の中で夏のお風呂アルバムとして定着している一枚から。風を感じる一曲です。

Aspen / クラムボン

インタビュイー画像

塩塚モエカのセレクトコメント:

静かに折り重なっていくスケール感は夏の夜の散歩にぴったり。『眠り姫』の七里圭監督によるミュージックビデオも美しく、印象的です。

羊文学選曲プレイリスト

羊文学の連載一覧はこちら

INFORMATION

【NEW RELEASE】
EP「きらめき」

デジタルオンリーSINGLE『1999』から半年、ALBUM『若者たちへ』から約1年。
“女の子”というテーマで音を鳴らすことを通して本当の自分を認めることに挑んだ作品集。
待望の新作EP『きらめき』7/3リリース!NEW EP「きらめき」

収録曲数:全5曲収録
定価:¥1,400 + tax
発売日:2019.7.3(水)
品番: PECF-1174
発売元: felicity / SSNW

羊文学 Profile

塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピースロックバンド。

2012年、高校一年生の時に結成。
2015年11月に現ドラムフクダヒロアが加入。
2016年FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演やカナダツアー(モントリオール、トロント、バンクーバー)「Next Music From Tokyo vol.9」に参加。その後、現ベースゆりかが加入。
2017年10月、E.P.『トンネルを抜けたら』でデビュー。
2018年2月、2nd E.P. 『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』をリリース。
また2018年7月には1stフルアルバムとなる『若者たちへ』をリリースする。
12月5日、初のデジタルオンリーでのリリースとなるクリスマスソング「1999」が巷でスマッシュヒット中。

様々な音楽から影響を受けた重厚なバンドサウンドと強い意思を感じられるボーカルが特長のオルタナティブロックバンド。

4月4日大阪・十三ファンダンゴ、そして4月13日東京・渋谷WWWにて自主企画2マンLIVE「まる・さんかく・しかく」も満員御礼SOLDOUTの中終了。
7月3日、CDリリースとしては約1年ぶりとなるNEW EP『きらめき』をリリース予定、8月からは東名阪(8/2名古屋CLUB UPSET、8/3大阪・梅田シャングリラ、8/7東京・渋谷クラブクアトロ)にてワンマンツアー「まばたき」の開催!

https://hitsujibungaku.jimdo.com/

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる