RAMMELLS選曲プレイリスト『アルバム「Beat generation」制作で影響を受けた曲』Suchmos、Radioheadなど|連載2/3

Rensai

文: DIGLE編集部 

セレクターが選んだ楽曲をコメントと共に紹介するプレイリスト連載企画。RAMMELLSによるプレイリスト『アルバム「Beat generation」制作で影響を受けた曲』を全3回でお届けします。

RAMMELLSが選ぶプレイリスト『アルバム「Beat generation」制作で影響を受けた曲』

I Feel the Earth Move / Carole King

インタビュイー画像

黒田秋子(Vo.)のセレクトポイント:

私が洋楽を聞き始めるようになったきっかけの曲。大胆な歌詞とCarole Kingの歌いっぷりが大好きです。「The sugar」の歌詞にも書いたけど、世の中が争う隙もないくらいこうゆうラブソングまみれになってしまえばいいのにと思います。

WIPER / Suchmos

インタビュイー画像

真田 徹(Gt.)のセレクトポイント:

『Beat generation』に収録されている「I’m a runner」のAメロの雰囲気は、この曲みたいに最小限の編成にしたいと制作の最初の段階から考えていました。僕は10代の頃から古いブラックミュージックが大好きなので、ベースだけだったりドラムだけでも踊れることが何よりも大事だと思っています。

Everything In Its Right Place / Radiohead

インタビュイー画像

村山 努(Ba.)のセレクトポイント:

この曲の好きな所はイントロの耳に残るシンセのリフと嵐の前の静けさの様な全体の緊張感。この感覚は「千年後」に影響されてます。

Around / KNOWER

インタビュイー画像

村山 努(Ba.)のセレクトポイント:

近年の中で影響を受けたアーティストで上位に入るKNOWER。エレクトロなシンセサウンドは「Overdrive」「The sugar」に反映されてると思います。

The Revolution Will Not Be Televised / Gil Scott-Heron

インタビュイー画像

彦坂 玄(Dr.)のセレクトポイント:

「rain」のビート感はこの曲のグルーヴをイメージしています。ドラムはBernard Purdie(バーナード・パーディ)。パーディの鉄壁の16ビートに乗せてGil Scottがポエトリースタイルで歌いあげる様はいつ聴いても圧倒されます。

RAMMELLSセレクトプレイリスト

INFORMATION

【リリース情報】
アーティスト名: RAMMELLS
タイトル: Beat generation
品番: CRCP-40593
価格: ¥1,818+税
発売日: 2020年1月15日

【トラックリスト】
1. Beat generation
2. Overdrive
3. The sugar
4. 千年後
5. I’m a runner
6. think other
7. rain

【ライブ情報】
RAMMELLS / ワンマンライブ「The sugar」

〈大阪会場〉
2020/4/17(金)OPEN 18:30/START 19:00 
@OSAKA RUIDO
https://ruido.org/osaka/
〈東京会場〉
2020/4/28(火)OPEN 18:30/START 19:00
@WWW
https://www-shibuya.jp/
¥4,000
3歳以上要チケット
オール・スタンディング
※整理番号付  
※別途ドリンク代必要
※オフィシャル先行:(抽選) 2020/1/15~2020/1/31
大阪会場:(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
東京会場:(問)渋谷 WWW 03-5458-7685
企画/制作:Sony Music Publishing (Japan) Inc.

RAMMELLS Profile

Vocal:黒田秋子 / Guitar:真田 徹 / Bass:村山 努 / Drums:彦坂 玄
2015年8月結成。ギターの真田徹が自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子、村山努を誘い2015年8月に結成。2016年彦坂玄をドラムに迎え、ライブ活動を本格的にスタート。
変幻自在のボーカルで表現される中毒性たっぷりのメロディーと個性溢れるリリックに、ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーなど様々な音楽性が絡み合った新世代オルタネイティブサウンドを響かせている。
2017年更なる活躍に期待がかかる今知っておくべきバンドとしてピックアップされ、2017年12月アルバム「Authentic」でメジャーデビュー。翌2018年3月デビュー記念ワンマンライブでは東京・渋谷WWWを完売させ大成功をおさめる。2018年7月にミニアルバム「take the sensor」を、翌2019年4月に2ndアルバム「Mirrors」をリリース。リード曲「真っ赤な太陽」のMVに俳優の松重豊氏が出演し話題を呼んだ。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる