Bearwear

『大人な曲』Bearwear・Kouセレクト Turnover、Blood Orangeなど|1月連載2/3

Bearwear

文: Kou Ishimaru 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。1月のテーマは『大人・アダルト』。Bearwearのメンバーが週替りにセレクト。今週はBa & ComposerのKouさん。

Bearwearが選ぶ『大人な曲』

Dizzy On the Comedown / Turnover

インタビュイー画像

Kouのセレクトコメント:

初期のポップパンク期から現在のエモ・ドリームポップサウンドへの変化について語っていたインタビューで、「成長した故の自然な変化だ」と言っていました。一つの名義で活動する限り、初期からガラッと音楽性が変わるときはいつも賛否両論、評価が分かれますが、その時の自分を100パーセント表現することが良い作品を生むことにつながると思います。またそういったパーソナルな部分の成長にも目を向けながら、初期から後期まで順にアルバムを聴いていくのもとても楽しいですよ。

Hope / Blood Orange

インタビュイー画像

Kouのセレクトコメント:

今回は成人式シーズンとのことで、“大人な曲”をプレイリストにまとめる企画となっていますが、音楽シーン全体も以前以上にアダルトなトラックが熱を持っている気がします。サブスクの台頭によりBGM的なチルいトラックが好まれるようになったからか、情報過多な時代にシンプルなビートミュージックが好まれるからなのか。今のモードを象り、インディロック的な輪郭も持った最先端なヒップホップを体現しているBlood Orange、まだ聴いたことない方は是非聴いてみてください。

I’m Just Snacking / Gus Dapperton

インタビュイー画像

Kouのセレクトコメント:

NYの鬼才と呼ばれる21歳のシンガーソングライター、Gus Dapperton。ネクストポップアイコンとされる彼のサウンドは80年代を想わせるチープなシンセがリードするローファイインディポップ、ただローファイなだけではなくビートやベースセクションの重厚さやそれぞれのパートの差し引きが緻密、そして何よりソウルフルでユルい歌声がセクシー。MVやライブ映像を見るとまずその見た目の個性に目が行くと思います。ボウルカットのヘアスタイルに奇抜なメガネをかけていて美しいのですが、それぞれのアイテムがギークっぽくて、大人っぽさと少年っぽさを感じるギャップだらけなアーティストです。

SLOW DANCING IN THE DARK / Joji

インタビュイー画像

Kouのセレクトコメント:

2018年に出したアルバム『BALLADS1』で様々な角度で注目されている日系オーストラリア人シンガーのJoji。もともとYouTuber・Filthy Frankとしてコメディチャンネルを動かしていたり、Pink Guyという名でコメディヒップホップをしていて、「SEX大好き」という超ド直球下ネタがパンチラインの曲がSNS上でバズを起こしていたりしました。Jojiとして活動をはじめてから、「自然に年を重ねるにつれて、ユーモアであることに疲れてきた」と語っていて、その背景を知った上で今のJojiの音楽を聴くとまた違って聴こえます。


毎週水曜更新!Bearwearの『大人な曲』

Bearwearの連載一覧はこちら


10月24日ミニアルバム『DREAMING IN.』リリース

10/24にミニアルバム“DREAMING IN.”をリリースしました。

Bearwear『DREAMING IN.』

2018年10月24日(水)リリース
01. Intro
02. I’ll take you anywhere
03. Proxy
04. e.g.
05. Free Fall
06. In The Wood
07. May

Bearwear Profile

Bearwearは2016年に Kazma(Lyric/Vo)、kou(Music/Arrange/Ba)の2人を中心に結成されたインディエモバンド。サポート含めフレキシブルな体制で活動をしている。

2018年春にリリースしたシングル「e.g.」がネット上のインディ・ファンの間で注目を浴びると、すぐにネット・レーベル Ano(t)raks のコンピレーション1曲目に選曲されるなど話題を呼んでいる。夏には「Dead Funny Records」と契約を交わし、過去作のシングルをデジタル・リリース。10月には初の流通作品『DREAMING IN.』をリリースしました。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Bearwear
閉じる