東京のアートコレクティブ「dosing」からSteffen Yoshiki選曲『punk rap & metal trap』Scarlxrd、BONESなど

dosing

文: Yuya Eto 

東京で注目を集めるパーティとのコラボ・プレイリスト連載企画。東京のアートコレクティブ(=集った人間が芸術表現を行っていく場所)『dosing』のメンバーが毎週セレクトした楽曲を紹介します。今月はSteffen Yoshikiが担当。

東京のアートコレクティブ「dosing」メンバー・Steffen Yoshikiセレクト

Go to the Sto / Blvc Svnd,Fukkit,Kamiyada+


インタビュイー画像

Steffen Yoshikiコメント:

「Go to the Sto」は強烈なローエンドを持つフックがオーディエンスをモッシュ必至にさせるトラックだね。2019年2月に来日予定の「Midnight Society」というアートコレクティブの3人がフィーチャリングしているよ。

Black Metal Terrorist / Denzel Curry


インタビュイー画像

Steffen Yoshikiコメント:

個人的にこの「Black Metal Terrorist」がDenzel Curryの最新アルバム『TA13OO』の中で一番好きな曲かな。彼のバースはいつも異様な禍々しさを醸し出してるよね…。ただハイプなだけではなく、彼の呼吸法などからスキルの奥深さを感じるよ。

angels sleep at FXUR/AM / Scarlxrd


インタビュイー画像

Steffen Yoshikiコメント:

「angels sleep at FXUR/AM」はScarlxrdのビートの中ではかなりライトな部類になるね。このトラックでもやはり、スクリーモタイプのボーカルが曲中に響き渡ってる。Scarlxrdの曲の中では穏やかなほうの曲だから、Metal Trapにあまり馴染みがない人にもエントリーとして聴きやすい一曲だと思う。

BlastZone (ЗонаПоражения) / BONES


インタビュイー画像

Steffen Yoshikiコメント:

「BlastZone」は短い曲だね。だけど強いエネルギーに満ちたTeamSESHのラッパーBONESによる一曲。ベースの強烈なフックから始まるこの曲は、BONESを象徴しているリバーブの強いスクリームスタイルのボーカルが印象的。


毎週月曜日更新!東京のアートコレクティブ「dosing」プレイリスト





dosing

ドリーミングオブスリーピング Dosing(Dreaming of sleepingの略称)は東京を拠点にした日夜不眠症に悩まされているアーティスト、ミュージシャンのコレクティブである。
睡眠不足で創造性を養い、東京のライフシーンに一石を投じるクリエイター達の集団であると同時に、世界各地の最先端カルチャーを東京のライフシーンに届ける発信者。また、パーティやイベントという形態を介して新しい形のコミュニティスペースも創造している。

InstagramTwitterFacebookSoundCloudSpotify

Steffen Yoshiki Profile

Developing a musical fluency at a young age, Steffen Yoshiki’s tasteful artistic background and dirty south Atlanta based upbringing was the perfect creative formula to become the artist that he is today. Steffen’s relocation to Tokyo in 2014 saw his capabilities actualized, collaborating with various Tokyo underground figureheads such as the TREKKIE TRAX crew, as well as having played an extensive list of DJ sets at some of the most lit parties the city had to offer.

As one of dosing’s founders and key producers, Steffen¥oshiki’s versatility continues to push the boundaries of what Tokyo’s nightlife has to offer, reinvigorating the stagnating scene with fresh styles that the city would otherwise miss out on.

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Yuya Eto

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる