羊文学が選ぶ『大人・アダルト』ピアノガール、水野ねじなど | 1月連載3/3

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。1月のテーマは『大人・アダルト』。羊文学のメンバーが週替りにセレクト。今週はDr.のフクダヒロアさん。

羊文学のフクダヒロアがセレクトする『大人・アダルト』

不破 / ピアノガール


インタビュイー画像

フクダヒロアのセレクトコメント:

情緒が有り、人間味のある歌詞やサウンドが、ても人間の深い深い埋められない場所に吸い込まれていく様なエモーショナルな殺気満ちた虚無や焦燥を感じられました。 ボーカルの内田さんが「人間は人の痛みをわかってあげられるためには自分の悲しみと向き合わなければならない。自分の悲しみと向き合うとは自分の偶像を破壊するということ。破壊した偶像の破片を踏み越えた先に自分自身が光り輝いているはずです。」というように綺麗事では無く、言葉に厚みがあり、ピアノガールという一つの教科書がまた自分自身を大人に近づけたような気持ちになりました。‬

‪ピンサロ / 水野ねじ‪‪


インタビュイー画像

フクダヒロアのセレクトコメント:

杉並と池袋を繋ぐ歌。水野さんの曲は、中央線沿いの風景を連想してしまう。新作のファーストアルバム『Songwriter』から一曲選びました。僕のレテパシーズでも活動してる飯田裕さんもゲストミュージシャンとして参加していたり僕が好きなバンドマンばかりで嬉しいです。中学生の頃、浅野いにおさんの漫画『うみべの女の子』に出てきたはっぴいえんどを聴いてフォークソングに興味を持って以来、高円寺のライブハウスなどで見かけていた豊田道倫さん、大森靖子さん、僕のレテパシーズひらくドア、などの繋がり(影響)で水野寝地さんを知り好きになりました。フォークソングやポップな楽曲だったり短編集のような楽曲だったり生活感ある楽曲だったり中央線沿いのアパート野方や阿佐ヶ谷で聴きたくなります。

海がくる / ハグレヤギ


インタビュイー画像

フクダヒロアのセレクトコメント:

‪高校1年生の頃聴いていた美大出身のハグレヤギ。創造的で村上春樹や絵画や詩集から影響を受けたような詩。オディロン・ルドンの絵を見ているような気持ちになりました。文学的で哲学的な詩とエモーショナルなギターサウンド。小杉侑以さんのドラムが凄く好きです。

SAYONARA BABY BLUE / うみのて


インタビュイー画像

フクダヒロアのセレクトコメント:

うみのてのメンバー円庭鈴子さんが劇中歌を担当した映画『幽霊たち』のサウンドトラックのCDを買って以来、うみのてを聴き始めてすぐに好きになりました。高野さんの轟音なギター最高です。笹口さんの歌や詩を見たり聴くと、膝から崩れ落ちるほど悲しくて儚くて感動してしまいます。

BIRDS / 昆虫キッズ


インタビュイー画像

フクダヒロアのセレクトコメント:

2012年に発売されたアルバム、『こおったゆめをとかすように』から一曲選ばせて頂きました。カウンターカルチャー的要素のある昆虫キッズsolid afroメンバーでもあるのもとなつよさんのベース好きです。不安定な歌からはエモーショナルさを常時感じ、感極まります。


毎週更新!羊文学選曲プレイリスト

羊文学の連載一覧はこちら

羊文学 Profile

塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピースロックバンド。
2012年、高校一年生の時に結成。
2015年11月に現ドラムフクダヒロアが加入。
2016年FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演やカナダツアー(モントリオール、トロント、バンクーバー)「Next Music From Tokyo vol.9」に参加。その後、現ベースゆりかが加入。
2017年10月、E.P.『トンネルを抜けたら』でデビュー。
2018年2月、2nd E.P. 『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』をリリース。
また2018年7月には1stフルアルバムとなる『若者たちへ』をリリースする。
12月5日、初のデジタルオンリーでのリリースとなるクリスマスソング「1999」が巷でスマッシュヒット中。
様々な音楽から影響を受けた重厚なバンドサウンドと強い意思を感じられるボーカルが特長のオルタナティブロックバンド。

オフィシャルサイト

INFORMATION

【NEW SINGLE】『1999』

羊文学 からの冬の シングル「1999」デジタル限定にて好評配信中!

【LIVE INFOMATION】

1/31(月)@渋谷LUSH LUSH presentsラブリーサマーちゃんx羊文学「Only in Dreams」

2/9(土)@南堀江SOCORE FACTORY「winter view」

2/10(日)@沖縄桜坂劇場とその周辺「Sakurazaka ASYLUM 2019」

2/11(月/祝)@沖縄Output Output presents「めんそ〜れ!羊文学 OKINAWA LIVE」

2/23(土)@下北沢THREE「WEARING THE INSIDE OUT」presented by 揺らぎ

2/24(日)@水戸5会場周遊「え〜じゃないか」

“羊文学 presents 企画”
4/13(土)@渋谷WWW *詳細近日発表

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

大比良瑞希セレクト『brand new me!』TAAR、さとうもかなど | 4月連載3/4

古舘佑太郎 ハッピーアイランド

映画『ハッピーアイランド』の音楽を担当した古舘佑太郎が選ぶ『旅路の途中で聴きたいプレイリスト』カーティス・メイフィールドなど | プレイリスト連載4/4

しなまゆ

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『ブランニュー』オリジナル・ラブ、阿部芙蓉美など|4月連載3/4

ザ・おめでたズが選ぶ『出会いとさようなら』Tame Impala、Tennisなど | 3月連載2/3

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Writer

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

website

RELATED ARTICLE

関連記事

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『怒ってプンでもこれ聴いとこ』ORANGE RANGE、エドガー・サリヴァンなど|6月連載2/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリスト『怒ってプンでもこれ聴いとこ』を今月4週に渡ってお届けします。

羊文学が選ぶプレイリスト『別れ』未来電波基地、ミドリなど | 3月連載3/3

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。3月のテーマは『別れ』。羊文学のメンバーが週替りにセレクト。今週はDr.のフクダヒロアさん。

東京のアートコレクティブ「dosing」からShin Holmes選曲『late night melty mix 自己同一性喪失』サンダーキャット、Laurence Guyなど|3月連載4/4

東京で注目を集めるパーティとのコラボ・プレイリスト連載企画。東京のアートコレクティブ(=集った人間が芸術表現を行っていく場所)『dosing』のメンバーが毎週セレクトした楽曲を紹介します。今月はShin Holmesが担当。

大比良瑞希セレクト『大切なSad Song』笹川美和、The Beatlesなど | 3月連載4/4

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。3月のテーマは『別れ』。シンガーソングライター、トラックメイカーとして活躍する大比良瑞希さんが選ぶ『大切なSad Song』を全4回に渡ってお届けしていきます。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる