Mimeセレクト『Pantomimos Radio 2018 BEST for DIGLE MAGAZINE』アンダーソン・パーク、Buttering Trioなど|12月連載3/4

Mime

文: Kou Ishimaru 

毎週更新のプレイリスト連載企画。12月のテーマは『2018年ベストトラック』。Mimeが作成した『Pantomimos Radio 2018 BEST for DIGLE MAGAZINE』を今月4週に渡ってお届けしていきます。

Mimeセレクト『Pantomimos Radio 2018 BEST for DIGLE MAGAZINE』

Tints (feat. Kendrick Lamar) / アンダーソン・パーク


インタビュイー画像

Mimeのセレクトポイント:

今をときめくアンダーソン・パークの新譜。ケンドリック・ラマーはじめ錚々たるメンバーが参加していますが、これまた僕が崇拝するPomoがドラム&シンセで参加していることもありヘビロテしてます。Pomo大好きすぎかよ、俺!失礼しました。ほんとにトラックがグルーヴィなんです。(近藤)

The Runner – Nitai Hershkovits Cover / Buttering Trio


インタビュイー画像

Mimeのセレクトポイント:

もともと大好きで、来日ライヴも観に行けたし、今年を振り返るのに欠かせないアーティスト。今回はアルバム『Threesome』のRemix作品集から一曲。まず、ピアノでカバーしたらこんなアレンジになるんだ!という驚き。原曲も好きだけど、Nitai Hershkovitsの奏でる音色で心が洗われた気持ちになる。聴いてみてくだい。(ひかり)

Best Friend / Emma Frank


インタビュイー画像

Mimeのセレクトポイント:

ドラムの冨倉に教えてもらって今年の初め頃すごくリピートして聴いてた。最後の歌とキーボードのユニゾンが堪らなく美しい。ユニゾン of the year!(ひかり)


毎週木曜更新!Mime「Pantomimos Radio 2018 BEST」プレイリスト

Mimeのプレイリスト連載記事一覧はこちら




Mime Profile

2014年2月に森川祐樹(Ba)を中心に結成し、ひかり(Vo)、内野隼(Gt)、近藤邦彦(Key)、冨倉暢(Dr)の5人組バンド。ブラックミュージックをベースとしたサウンドと、ひかりの凛とした爽やかな歌が織りなすカラフルな楽曲が魅力である。
森川(Ba)と近藤(Key)は、それぞれKan Sano、Michael Kaneko(origami PRODUCTIONS)のサポートも務める。

INFORMATION

2018年9月19日(水) 1st Full Album『Capricious』発売。また、リード曲「Driftin’」は8/22より7inch アナログ盤で数量限定発売中。

Official webサイト | Twitter | Instagram

アルバム リリース情報

2018年9月19日発売
Mime 『Capricious』
[CD] ¥2,400+税
各種ストリーミングサービスにて配信中。

[Track List]
1. Driftin’
2. Life
3. MK1
4. Dreams of Love
5. Division
6. This Summer
7. Let Your Love Grow(album ver.)
8. Lights
9. Waterside
10. Driftin’ – Kan Sano Remix

7inch リリース情報

8月22日発売
Mime『Driftin’』
[7inch Analog]¥1,800+税

[Track List]
A1. Driftin’
B1. Driftin’ – Kan Sano Remix

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる