しなまゆ

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『ブランニュー』Little Glee Monster、三浦大知など|4月連載2/4

しなまゆ

文: Asahi 

毎週更新のプレイリスト連載企画。4月のテーマは『ブランニュー』。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリストを今月4週に渡ってお届けします。

しなまゆ選曲プレイリスト『ブランニュー』

HARMONY / Little Glee Monster


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

以前プレイリストで偶然出会った一曲。調べてみたら、メジャーデビュー前からあるかなり初期の曲らしいのだけど、本当に恐ろしいほどに歌がうますぎる。若いエネルギーと曲の親和性の高さも相まって曲の良さが増幅しているように思う。歌の内容もすごく彼女たちらしく「ハーモニー」がテーマになっていてとても素敵。

Be Myself / 三浦大知


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

日常の中にこぼれてしまった風景をなぞるような歌い出しが、まるでスローモーションの映像みたい。彩度は高いのだけど、明度は低いみたいな…。三浦大知の楽曲のかっこよさは「止まる美学」なのかなと思うのだけど、この曲も流れては止まって、流れては止まっての繰り返しがクセになる。書きながら気づいたけど、この曲のシャッターを切っているような瞬発力に惹かれたんだと思う。

アンカーソング / THE ラブ人間


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

初めて聴いた時から大好きな曲。2012年のリリースって、もうそんなに経ったのか!? それこそ私がバンドというものを始めてそんなに経っていないくらいに出会っていると思うのだけど、7年大事に聴いてると思うとまた感慨深い。録り音とか全然荒いんだけど、それで全然いいというか、ライブで演奏するときにむしろもっとガンガン走っちゃってほしいというか。バンドのロマンを感じます。

MY FOOT / the pillows


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

the pillowsの13枚目のアルバムのタイトルにもなっているこの曲。かなりシンプルなサウンドのなかに切なさや高揚感がある。過去も全部受け入れて、この先にある困難も覚悟した上で前に進んでいくこと歌っている。そして進むのは他の何でもなく自分の足で。男らしいとか女らしいとかって、もしかしたら時代錯誤な言葉かもしれないけれど、これは男らしい。


毎週更新!しなまゆセレクトプレイリスト



しなまゆの連載一覧はこちら

しなまゆ Profile

仲良しメンバーで結成された立川出身のポップロックバンド「しなまゆ」
女の子のココロをくすぐるポップな世界観を表現した、モリユイ(Voc.)の独特の感性から生み出される歌詞と、卓越したパフォーマンスが評判。
ラジオ番組で培われた、モリユイのSキャラ トークにGt. タクマのMキャラとBassウエノハラの和みキャラが微妙に絡み合って、クセになってしまうと話題 !!

INFORMATION

KNOCKOUT FES 2019 spring

会場:東京・下北沢10会場
日時:2019年4月7日(日)
内容:下北沢のライブハウス10会場による往来自由イベント

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

しなまゆ
閉じる