山﨑彩音選曲プレイリスト『センチメンタルフスキーin Tokyo』The Critters、おとぎ話など|11月連載4/4

山﨑彩音

文: Kou Ishimaru 

毎週更新のプレイリスト連載企画。11月はフリーテーマ。山﨑彩音さんが作成したプレイリストタイトルは『センチメンタルフスキーin Tokyo』。今月4週に渡ってお届けしていきます。

山﨑彩音セレクト『センチメンタルフスキーin Tokyo』

Let’s Love / The Critters

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

ジャケットから伝わるソフトロック感!ドリーミーなコーラスが、スモーキーな録音によってさらに不思議な世界観になっていくのがグッとくる。曲の構成もあるようでなく、アウトロのメロディーがすごく好きなのに、短くてすぐ終わるし、「ここでこういく?!」と、少し驚いてしまうようなところも多くて本当におもしろい。聴いていて楽しい。

綺麗 / おとぎ話

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

この「綺麗」が収録されてる『眺め』は本当に素晴らしい作品で、最近ずっと聴いています。聴けば聴くほど好きになる。日本語がズンズン入ってくる、そんなバンドがわたしは好きで、まさにおとぎ話はズンズン入ってくる。ちょっと恥ずかしいなって思う言葉も、有馬さんのボーカルだとそれがちっとも気にならなくて、もっとお願いします!っていう気持ちになってくる。不思議な体験。

If You’re Here – Recorded at Spotify Studios NYC / Cornelius

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

今月2度目の登場のCornelius。この「If You’re Here」は去年リリースした『Mellow Waves』に収録されてる「あなたがいるなら」の新録音。新録音で更に伸びやかになった小山田さんのボーカルと、秘かなリズム隊、溶けそうになるギターソロが、一つの大きな波みたいに押し寄せてきて東京の雑踏を消し去ってくれる。でも、慌ただしい東京の街並みともすごく合う、なんとも言えないセンチメンタルを生む曲。

Don’t Cry, Baby / The Free Design

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

イントロのピアノの伴奏から漂う名曲感!グッとくる伴奏に、シンプルなボーカル、コーラスが重なってくにつれ、曲はどんどん広がっていく。ギターソロのフレーズも一度聞いてしまえば覚えられるようなもので、曲がどんな展開していくのか、なんとなく予想できるところがわたしは好き。チャーミングであたたかみがある、やさしい唄。

毎週更新!山﨑彩音セレクトプレイリスト




山﨑彩音のプレイリスト連載記事一覧はこちら

山﨑彩音 Profile

15才から東京、神奈川の有名ライブハウスで活動。16才の時にファーストEP『Yer』をライブ会場と通信販売のみで発表。声と言葉。全曲詩先による作風。
2016年、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 にシンガーソングライター史上最年少で出演を果たし、2017年にはファーストミニアルバム 『キキ』 を発売。
FM横浜『KANAGAWA MUSIC LAND』 レギュラー・パーソナリティーを担当するなど多方面での活躍をみせる。2018年7月、フォーライフミュージックエンタテイメントよりファーストアルバム『METROPOLIS』でメジャー・デビュー。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる