zo×が魅せる、映像的なサウンド

bigup

文: 伊東莉子 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はzo×をご紹介します。

視覚を担うからこその音で

“バンド”という言葉が、演奏者だけをさしていたのはひと昔前のこと。最近では、VJがメンバーにいるバンドも増えてきた。zo×もまた、VJやフォトグラファー、ディレクションなど、マルチに活動を展開するクリエイターだ。

2020年11月まではBroke down Carのメンバーとして活動、現在はYATAの一員としてクリエイションを手掛けている。
普段、視覚的な部分を担うことが多いからなのか、彼の手掛ける楽曲は映像的だ。わかりやすく、Aメロ・Bメロ・サビと線引きをするというよりも、物語が進んでいくかのごとく自然に音楽も流れていく。全体像を描きながら、ひとつひとつのパートを丁寧に作りこんでいくクリエイターこそ、zo×なのではないだろうか。

先日配信が開始された「槃罪」は、彼にとって2曲目となる作品。高校時代の友人であるmoshimoを迎え、美しくもダークなナンバーに仕上がった。

zo×

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

伊東莉子

1997年生まれ。チェコ語が少し喋れます。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる