パブリックインベーダーが秘める、楽曲の魅力を増すスパイス

bigup

文: Saigo 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はパブリックインベーダーをご紹介します。

隠し味に一癖を

ヨルシカyamaサイダーガールなど、もはやアーティストが“顔出しをしない”という選択をすることは珍しくなくなった。2020年に行われた『murffin discs Audition 2020』にてグランプリを獲得したパブリックインベーダーも、多くが謎に包まれている2人組ユニットだ。

掲示板でのメンバー募集をきっかけに出会い、活動を開始したパブリックインベーダー。当初はバンド編成で動いていく予定だったが、コロナの影響もあり現在のスタイルをとることとなった。
彼らの楽曲は、アップルパイに香るシナモンのように一癖あるのが特徴だ。どこか違和感が残る音の重ねかたをしたり、予想だにしなかった展開をいれこんだり。スパイスをふりかけ、より1曲1曲を美味しく仕上げていくのである。

先日配信が開始された「Virus」は、現在の社会情勢を切り取ったトゲトゲしさのあるナンバー。ポップさの裏に潜むカオス感には、一筋縄にはいかない彼ららしさを感じずにはいられない。聴けば聴くほど面白さに出会える1曲だ。

パブリックインベーダー

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Saigo

よく鼻歌をうたっています。猫とコーヒー。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる