“アートバンド”として凛と立つ終日柄

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回は終日柄をご紹介します。

多面的に描き出すオリジナルの世界

近年のシューゲイザー/ドリームポップ再流行の中で、日本においても若いシューゲイズバンドが多く台頭している。終日柄『忘却と静寂』もその系譜に位置する作品だと言えるだろう。
甘やかな静けさと冷たい透明感に満ちた空気の中に、そっと溶けていく密やかな歌声。揺らぎSPOOLFor Tracy Hydeなどが好きなリスナーはきっと一聴で惹き込まれるはずだ。

そんな終日柄だが、メンバーは自分たちのことを“オルタナティブロックアートバンド”と表現している。
作詞作曲は当然のことながら、ジャケットデザインにトレイラーの撮影までセルフプロデュースで作り上げており、多面的にバンドの世界観を味わうことが出来る。

豊かな土壌にの上に立ちながら、あたらしい芸術を生み出していく気概を感じるミニアルバム。
音源のみならずMVやジャケット、ライブ写真等からも終日柄が描き出す景色を感じて欲しい。

終日柄

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる