タワレコが新たに始めたサブミッション・メディア「TOWER DOORS」の狙いとは|音楽×YouTube特集

タワーレコードが新たに開始したサブミッション・メディア「TOWER DOORS(タワー・ドアーズ)」。その狙いやタワーレコードとしての今後の発展について、ビジネスデベロップメント推進本部 ビジネスデベロップ統括部 小峯崇嗣さん(トップ写真)と広報室 室長 谷河立朗さんに伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

タワーレコードによる新サブミッションメディア「TOWER DOORS」本日開始

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

Writer

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

RELATED ARTICLE

関連記事

タワーレコードによる新サブミッションメディア「TOWER DOORS」本日開始

タワーレコードによるサブミッションメディア「TOWER DOORS」が本日4月3日にスタートした。 YouTubeをプラットフォームとしたTOWER DOORSは、アーティストやレーベルから提案された楽曲からタワーレコードの専門スタッフが選出し、TOWER DOORSが持つチャンネルに沿ってキュレーション、配信、更新を実施。選出された楽曲はTOWER DOORSがキュレーションした写真をバックグラウンドビジュアルに再生されるため、アーティスト自身が発信するPVとは異なるリスニング体験を提供する。 ...

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる