遊ぶように音を鳴らす。何にも縛られない自由なバンド、asobiの哲学 |BIG UP! Stars #48

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  写:Hideya Ishima  編:Mao Oya 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第48回目はasobiが登場。

東京を拠点とするミクスチャー・バンド、asobiが新曲「Empty Room for Two」をリリースした。

asobiは昨年6月に1st EP『asobi』をリリースし、<りんご音楽祭>によるオーディション企画『RINGOOO A GO-GO』最終審査へ進出するなど、ジワジワと早耳リスナーの注目を集めている新鋭だ。

6人組の大所帯ながら、ルールや制限を設けることなく自由な姿勢を貫く彼らは、まさに「名は体を表す」を地で行くかのよう。

本インタビューでは彼らのバックグラウンドから、自由で柔軟な音楽活動の秘訣を訊いた。

※Comassan(Gt)は都合により今回のインタビューには不参加となります。

モラトリアム時代を思い返して

―asobiの結成の経緯から教えてもらえますか。

インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

このメンバーは大学の軽音サークルで一緒だった面々で。在学時からバンドを組んだりして遊んでいたんですけど、社会人になってからレイニーさんがDTMを始めて、「トラックを作ったから、ラップやボーカルを乗せてほしい」って連絡してきて。それが結成のきっかけですね。

―サークルではどのようなバンドを組んでいたのでしょうか?

インタビュイー画像

レイニー(DJ ):

みんなそれぞれバラバラでしたね。このメンバーで組んだ時はDef TechORANGE RANGEをカバーしたり。
インタビュイー画像

アラハタユウキ(MC):

ほとんど記憶に残ってないくらい、基本的にちゃんとした活動はやってなかったよね。
インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

そうそう。遊びで音楽をやっていたっていう感じですね。

―レイニーさんが大学卒業後、改めて今のメンバーに連絡した理由というのは?

インタビュイー画像

レイニー(DJ ):

サークル時代にこのメンバーで適当にセッションしながら、フリースタイルでラップを乗せたりしていて。大学を卒業して社会の波に揉まれたことで、ふとモラトリアム時代が懐かしくなって、その当時の音源を聴き返してみたんです。そしたら意外とおもしろいことやってたんだなって思って。
インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

当時は「エロス」と「ハピネス」っていう酷いタイトルの曲をほぼ即興で作ったりして(笑)。すごく楽しかった記憶として残っています。
インタビュイー画像

レイニー(DJ ):

そうそう。ちょうどDTMに凝り始めたタイミングでもあったので、今だったらもっと洗練された形で、作品として残せるんじゃないかって思ったんです。

―なるほど。

インタビュイー画像

レイニー(DJ ):

最初に投げたトラックは「Self pleasure」という曲で、去年リリースした1st EP『asobi』にも収録されています。もちろん当時はリリースするつもりもなく、とりあえずスタジオで合わせてみようかっていう感じでしたけど。

―レイニーさんが大学卒業後にDTMを始めたきっかけというのは?

インタビュイー画像

レイニー(DJ ):

大学時代はメタル/ラウド系のバンドを組んだりもしていたのですが、元々音楽を好きになったきっかけがm-floだったこともあり、打ち込みの音楽がずっと好きだったんです。大学時代も少しだけDTMに手を出したこともあったのですが、社会人になって、休日やることがなく暇になったので、本格的に勉強してみようと思いました。
インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

大学時代はメタルの印象が強かったので、あんなオシャレなトラックを作って送ってきた時はびっくりしました。

―せっかくなので、みなさんそれぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてもらえますか?

インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

僕は父親の影響で、小さい頃からヒップホップを耳にすることが多かったです。Eminemや日本だとKICK THE CAN CREWなど。あと、m-floは僕も聴いてましたね。

最近はDTMもやっているのですが、トラックメイクの面ではkeshiっていうアーティストに強く影響を受けています。トラップ的なハイハットの打ち方やコーラスの広がりなどを参考にしています。

―asobiではフックを担当することが多いですが、ボーカルや楽器の経験というのは?

インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

歌はずっと好きで。カラオケで歌ったり、コピー・バンドでボーカルをやったり。そのうちに楽器もやってみたいと思って、大学時代はドラムやギターもプレイしていましたね。

―では、次はサイグサさんのルーツ、バックグラウンドを教えてもらえますか?

インタビュイー画像

サイグサユウスケ(Ba):

中学生の時にメロコアを聴き始めて、それがきっかけで楽器にも興味を持ちました。大学に入ってからは聴く音楽の幅も広がって、マスロック〜ポストロック的なバンドを組んでいたり、他にはaikoさんのようなJ-POPや、大貫妙子さんのようなシティポップ〜昭和歌謡などをカバーしたりしていました。

―後藤さんはSSW(シンガーソングライター)としても活躍していますが、そのルーツは?

インタビュイー画像

後藤スパイシー(MC):

中学の時にDef Techが好きになって、彼らに憧れてギターを始めました。Def Techはギター弾かないんですけど(笑)。

―(笑)。

インタビュイー画像

後藤スパイシー(MC):

そこから弾き語りをやりつつ、大学へ進学する頃には高田渡さんなど、60〜70年代のフォークに傾倒するようになりました。自身の生活についてだったり、政治的、社会的なメッセージを隠喩的、風刺的に取り入れたりしてる作品に惹かれて。最近では前野健太さんもよく聴いています。asobiと自分のソロではかなりテイストの異なる音楽をやっています。

―asobiのMVは後藤さんのYouTubeチャンネルにUPされていますよね。

インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

彼はYouTuber・後藤スパイシーとしても活動していて、登録者数2000人を超えている彼のチャンネルを利用させてもらってます(笑)。
インタビュイー画像

後藤スパイシー(MC):

現時点で一番聴かれている「Moonlight in the Backseat」という曲には僕は参加してないんですけど、MVは僕のチャンネルに上がっているという(笑)。
インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

最初は後藤さんも歌うことになってたんだよね。
インタビュイー画像

後藤スパイシー(MC):

レコーディング当日に引っ越し作業があって、満身創痍だったので欠席させてもらいました。ライブでもこの曲の時は踊ってます(笑)。

―(笑)。最後に、アラハタさんの音楽遍歴について教えてもらえますか。

インタビュイー画像

アラハタユウキ(MC):

物心付く頃から音楽は好きだった記憶があって。初めて買ったCDは『デスノート』の映画主題歌に起用されていたRed Hot Chili Peppersの「Snow」です。そこから海外のオルタナ、ハードコア、ラウド系の音楽にハマって。「Slipknotのように音が重くて人数が重いほど強い音楽だ」っていう厨二病をこじらせた感じになって(笑)。

高校に入ってからはさらにメタルなども聴きつつ、日本のSSWの曲も聴くようになって。宇多田ヒカルさんや鬼束ちひろさんと、SlipknotやKoRnを交互に聴くような生活でした(笑)。

―みなさん、バックグラウンドはバラバラですね。

インタビュイー画像

ショウジイサミ(MC):

今話を聞いていて、改めてめちゃくちゃなやつらが集まったバンドなんだなと思いました。
次ページ:「おもろい」って思えることが大事

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

PHOTOGRAPHER

Hideya Ishima

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる