日陰に立つアーティスト、ALFRDが音楽を作り続ける理由|BIG UP! Stars #70

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  写:遥南 碧  編:Mao Ohya 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第70回目はALFRDが登場。

SSW・ALFRDがニュー・シングル「Mycotrophs」を12月19日にリリースした。

1996年生まれ、東京出身、インディ・レーベル〈makran〉に所属するALFRDは、トラップやダンス・ミュージック、エレクトロニカからアンビエントまでを横断する折衷的かつ独創性の高いサウンドと、ときにメロディアスに歌い、ときにはソリッドなラップ調のフロウまでを操る器用なアーティストだ。その多彩な表現方法と、それを体現するスキルは音楽だけに留まらず、執筆や映像演出など多岐にわたる。

2021年は年始に発表した2ndアルバム『47TB20』に始まり、3曲で構成されたEP『The Story Of A Youth』、そして2曲のシングル「in the deep end」「Mycotrophs」とコンスタントに作品を発表。寡黙ながらも発信し続けるALFRDに、その制作の裏側を訊いた。

自身とリンクした青春群像劇――『The Story Of A Youth』

―今年5月にリリースされた『The Story Of A Youth』は、一人の青年の青春、堕落、そして破滅までを3つの連作で描いた短編的作品集となっています。この作品の構想はどのようにして生まれたのでしょうか。

もともと僕の制作の方法として、架空の人物を頭で思い描いて、その人がどういうことを考え、どういう風に生きてるかなど、物語を考えていくことが多いんです。ただ、あくまでも僕の頭から出てくるものなので、どこか自分に近かったり、自分に通ずる部分はあるはずで。『The Story Of A Youth』では学生時代の体験――恋愛をしたり、ハメを外して遊んだりした記憶を投影した物語を、数曲にわたって描こうと思いました。

―そういったアイディアは2ndアルバム『47TB20』リリース以降に浮かんだのでしょうか。

曲自体ができたのは結構前で、特に「Blue」という曲は2年前くらいには出来上がっていました。当時はプロデューサーのRyuuta Takakiからトラックをもらって、そこにアプローチするという方法で楽曲を制作していたんですけど、思いつきで2つのトラックをDTM上に並べてみたらたまたまBPMが一緒だったんです。コードもキーも違うけど、途中でビート・スイッチして、1曲の中でガラッと曲調が変わったらおもしろいなと。そのときは連作の構想などはなかったのですが、しばらくしたら、ふと「Blue」の主人公のことをもっと描きたいなと思って。それで同じ物語の延長線上で書いたのが「Underworld」。そして、その2曲の物語を補強するようなイメージで、最後に「Beautiful」を作りました。ざっくりと説明すると、好きな女の子と付き合うことができて幸せいっぱいのところから、振られてしまい自暴自棄になって夜の街に繰り出す。そして彼女のために取った運転免許で車を駆って、高速道路を爆走する……。そんな構成になっています。

―2年前にできていた「Blue」を、さらに膨らませようと思ったのは何かきっかけなどがああったのでしょうか。

具体的なことは考えていませんでしたが、この1曲だけで終わらせるのはもったいないかもとは感じていました。彼のこれからと、それ以前のストーリーが個人的にも気になっていたというか。少し経ってから、久しぶりに彼の様子を覗いてみようかなっていう感じで、もう一度掘り起こしたっていう感じですね。

―それだけ思い入れのある作品だったと。

そうですね。この作品を作っているときに髪を短くしたんですけど、それもこの作品の影響で。僕はめんどくさがりで、美容院に頻繁に行かなくてもいい髪型ということでロン毛にしていたんですけど、この作品に着手しているときに「もうちょっと若くありたい」と思って。だったら髪型もめんどくさがらずに、昔やっていたようなスタイルに戻してみようと。収録曲には自分の過去の心情も投影されていますし、自分と強くリンクした作品に仕上がった感覚があります。

―サウンド面でいうと「Beautiful」では、初のバンド・サウンドを取り入れていますよね。

ここまで大胆にギターを取り入れたのは確かに初めてでした。プロデューサーとはよく「やったことないからやってみよう」という話になるんですけど、このアイディアに関してもそうで。あとは若さゆえの勢いを出したかったという狙いもあります。

次ページ:得意とするコンセプト作品と『47TB』シリーズの違い

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる