19歳シンガー・Salaがシーンに見せつけた才能の“片鱗”|BIG UP! Stars #71

BIG UP! Stars

文: 高木 望  写:Hide Watanabe  編:Mao Ohya 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第71回目はSalaが登場。

2021年1月に1stシングル「Loved More」をリリース以降、FLEUR熊井吾郎とのコラボ楽曲「Bossa」、Shin Sakiuraをサウンドプロデュースに迎えた「Together」の発表を経て、同年11月にEP『Fragments』をリリース。“飛ぶ鳥を落とす勢い”でハイレベルな楽曲制作を行ってきた19歳のアーティスト・Salaにとって、2021年はまさに飛躍の年だった。

年を重ねるごとに、彼女の成長スピードはどんどん上がっていくことだろう。そして数年後に彼女のヒストリーを振り返ったとき、“2021年”は間違いなく重要なターニングポイントとして音楽シーンに認知されるはずだ。Salaが昨年の活動を通しどういったことを考え、何を得てきたか。そして今後どのように音楽と向き合っていくのか。「今までの話」と「これからの話」その両軸をテーマに彼女に話を聞いた。

3年間眠り続けていた楽曲を解放すると決めた

―他メディアの取材で、ご自身の音楽のルーツとなっているミュージシャンにアリアナ・グランデを挙げていらっしゃいましたよね。

はい、小学校5年生の時に母がアルバムを買ってくれて、そこから聴くようになったんです。曲もファッションも憧れていました。あとはMISIAさんやSuperflyさんのようにパワフルな歌声に憧れを持っていて。そういう歌声になりたくて練習していたのは記憶にあります。

あと、高校に入った頃に知ったジャンルR&Bからの影響も大きいかもしれません。最近ではSIRUPさんやiriさんが好きでよく聴いてます。

―ソウルフルな楽曲、歌声がお好きなんですね。そこから実際に歌を歌い始めたのは?

高校1年生、16歳の時からです。実兄であるミュージシャン・Ryoma Takamuraが楽曲を思いついた時にデモを送ってくれるので、それに対し歌を乗せて返すのを繰り返すようになりました。

―当時から現在に至るまでにどれくらいの曲を作っていたんですか?

そこから実際にレコーディングに移った楽曲もあれば、デモで止まった楽曲もあります。なので、今までどれくらい曲を作ってきたかが正直分からず……(笑)。ただ、その時点で「Bossa」や「Together」のようなシングル曲はベースがほぼ完成していたんですよね。

2020年にコロナ禍が訪れ、あまり動けないなかでも本格的に音楽活動を始めよう、とは思っていて。3年間のなかで生まれた曲をちゃんと出していくために準備をして表に出せたのが、2021年でした。

―じゃあ、今回2021年11月にリリースされたEP『Fragments』の楽曲のなかには、3年前にすでに生まれていた楽曲もある?

そうです。例えば「Shadows」は高1のときに生まれた曲で、当時の声をそのままリリースしました。「Shadows」と同時期に作った「Fullmoon」は今回録り直しましたけど、構成はほぼそのままの状態かもしれないです。いずれも初々しい感じが残っていると思います。逆にシングル第一弾で出した「Loved More」は、2021年のリリースをめがけて制作しました。

―高1の時にすでにここまで難しい楽曲を歌えているとは……。でも、数年前に出した曲を2021年にリリースすることに抵抗はありませんでしたか?

むしろ「やっと出せたな」くらいのテンションでした。歌い直したいという気持ちもなかったし。今回出した楽曲は個人的に気に入っているか否か、という判断軸もあったのですが「ある程度形になっているかどうか」という基準もあったんです。なので、どの曲を発表するかは割とすんなり決まりました。ただ、先ほども言った通りデモ段階で止まっている楽曲もあるので、もしかしたら今後2022年以降にちょっとずつリリースしていくかもしれません。

次ページ:コラボレーションを通して感じた自身の成長

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる