チャラン・ポ・ランタンが語る独立の背景。「やりたいことをやれるうちに」 |BIG UP! Stars #76

BIG UP! Stars
DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第76回目はチャラン・ポ・ランタンが登場。

2009年に姉の小春と妹のももにより結成されたチャラン・ポ・ランタンは、2019年に10周年を迎え、2021年には事務所からの独立を発表。2人が代表・副代表を務める合同会社・ゲシュタルト商会を立ち上げ、現在は完全インディペンデントな活動を展開している。

長年メジャー・レーベルで活動し、バルカン音楽やシャンソンなどをベースとした独自の音楽性、熱量の高いライブ・パフォーマンスで注目を集め、また2016年にはTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニング曲を担当したことでも話題を呼んだチャラン・ポ・ランタン。

3月16日には楽曲配信サービス『BIG UP!』を使用し、独立後初のシングル『リバイバル上映』を発表。今回のインタビューではそんなチャラン・ポ・ランタンのふたりに、独立の理由やそれ以降の活動について語ってもらった。

530人のアコーディオニスト爆誕

―素敵な内装の事務所ですね。

インタビュイー画像

小春:

元々身内が所有していたギャラリー的なスペースだったんですけど、コロナ禍であまり使われなくなったので、私たちが使うことにしました。今日みたいな取材だったり、配信用の動画の撮影なども想定して作りました。
インタビュイー画像

もも:

色々な使い方ができる事務所がほしかったんです。独立したので、打ち合わせする場所もなくて。どうしようか? 家でする? みたいな(笑)。

―デザインもおふたりで考えて?

インタビュイー画像

小春:

ふたりで空間デザイナーさんに言いたい放題要望を投げまくって設計してもらいました。ただ、できる限りコストを抑えるために、木材部分の塗装など、できる部分は自分たちでやっています。
インタビュイー画像

もも:

スタッフと一緒にツナギ着て、脚立に乗って朝から作業したり。
インタビュイー画像

小春:

全国各地をツアーで飛び回るっていうのもすごく好きなことなんですけど、こうやってひとつ自分たちの場所を持つのもいいなって感じています。ゆくゆくはここで小規模のイベントも開催できたらいいなと考えています。

―チャラン・ポ・ランタンは昨年9月に独立し、合同会社ゲシュタルト商会を立ち上げました。こういった考えに至った理由や経緯を教えてもらえますか?

インタビュイー画像

小春:

2年前の春からコロナ禍になって暇な時間が増えたことで、改めて自分のこの先の人生について考えたんです。そこで感じたのは、やりたいことをやれるうちにやっておかないと絶対後悔するってこと。じゃないと先の未来はどうなるかわからないぞって。

それまでお世話になっていた事務所、レーベルには感謝しかないんです。ただ、どちらもとても大きい会社なので、自分たちが思いついたアイディアやプランを実現するときにすぐには動けなかったり、リスクがあることに対してはそもそも案が通らないこともあって。特にコロナ禍以降はそういったことを感じることが増えたんです。もちろん、大きい組織なので当然のことだとは思うんですけど。

―なるほど。

インタビュイー画像

小春:

あと、コロナ禍になってから『蛇腹談義』というYouTubeでの動画投稿を始めたんですけど、その企画を通してリスナーの方から「アコーディオンやってみたいけどどこで買ったらいいかわからない」とか「高過ぎて買えない」という声を多数頂きまして。
インタビュイー画像

もも:

今ってアコーディオン人口が減り続けていたり、工場もどんどんなくなっていて。アコーディオンという楽器を後世へと残していくためにはどうしたらいいんだろうっていうことは前から話していて。
インタビュイー画像

小春:

だったら自分たちで取り寄せて、販売してみようって思ったんです。実はこれは数年前から考えていたことでもあって。3年前には一度中国の工場にも下見に行っているんです。

ただ、やはり楽器を販売するということはすごくリスクのあることだし、事務所に所属している状態だと時間がかなり掛かってしまいそうだなと。Tシャツやタオルといったグッズとは違って在庫管理も大変だし、不良品があった場合の対応や責任の所在など、考えれば考えるほど動けなくなって。それなら、もう独立するしかないなと。

―実際にオリジナル・アコーディオン「Bébé Medusa」を販売してみて、いかがでしたか?

インタビュイー画像

小春:

最初は50台くらい売れたらすごくない? って話してたんです。それが一晩で10倍以上の注文がきたので……どうですかと聞かれたらヤバいですとしか言えないです(笑)。
インタビュイー画像

もも:

それだけの注文をもらえたのはもちろん嬉しいんですけど、検品と発送作業がとにかく大変で。今もヒーヒー言いながらみんなでやっています。
インタビュイー画像

小春:

傷がないか確認して、磨いて、1音ずつ弾いてチェックして。何か問題があればリペアにも出します。あと、コストを抑えるために税関手続きからコンテナの手配まで自分たちでやっていて(笑)。工場の都合で4ヶ月に50台ほどしか生産できないので、この先1年半くらいは作業を続けることになりそうです。
インタビュイー画像

もも:

でも、未来のアコーディオニストが一晩で500人以上爆誕したって考えると、最高ですよね(笑)。
次ページ:YouTube配信を通して広がった活動

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる