正体不明のYODAKEEに接触。泣きじゃくりながら踊り狂うポップソングを目指すワケとは|BIG UP! Stars #12

BIG UP! Stars
DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第12回目はYODAKEEが登場。

YODAKEE(ヨダキー)が作るポップソングは痛快だ。EDM以降のメソッドも持ったハイになるサビがあり、フロアで輝くリズムとエナジーがあり、そして何より粘着質で狂気的な愛を綴った歌がある。本人はMIKAと岡村靖幸をフェイバリットに挙げているが、なるほど。これくらい曝け出してこそ「ラヴソング」であり、普段は人見せれないドロっとした内面をアートにできるからこそ、音楽は素晴らしい。

さて、簡単に紹介しておこう。YODAKEEはヴォーカルのチャダイを中⼼に結成されたプロジェクトであり、それ以外の詳細は一切”不明”。ヴィジュアル等も公開されていない匿名的な存在である。しかし、それでいて2017年にリリースした『#』には水カンのケンモチヒデフミや、Charisma.comのMCいつかが参加。昨年リリースした楽曲ではビッケブランカとコラボレートするなど、どこかイカサマ的な雰囲気を放っている音楽だ。

これがYODAKEEにとって初のインタビューだという。謎だらけの音楽家の表現欲求を聞いてきた。

ピアノはできない。でも、ピアノの曲を作りたい

ー「YODAKEE」というアーティスト名と、チャダイさんが中心になっているという情報だけを公開している、ヴィジュアルを含め匿名性の高いプロジェクトになっています。まず、どういう経緯でこの活動を始めたのかを聞かせていただけますか。

僕、MIKAが凄く好きなんですけど、全然ピアノが弾けなくて。

ーはい(笑)。

ピアノ以外の楽器はだいたい触ってきたので、他のものはなんとなくどれもできるんですけど。ピアノだけはちょっとできなくて…でも、ピアノが入っている楽曲を作りたかったんです。

ー何故?

ピアノのカッコいい踊れる音楽が日本にはあまりないなって思っていたから。去年コラボしたビッケブランカ(「Bachelor(feat.ビッケブランカ)」)くんのように、ピアノマンで且つダンサブルな音楽をやっている人も最近は少し出てきたけど、前は全然いないなぁって思っていて。それで自分で作りたいなって思いました。で、宅録だったら鍵盤を上手に弾けなくても、プロジェクトを組んでいけば自分が好きなフレーズを細かく作っていくことができると思ったんですね。

ーなるほど。

そうしてどんどん作り込んでいったら、宅録だと生の楽器じゃないものを入れざるを得なくなってきて。それでサンプリングや打ち込みの音を足していって、今の音楽になっていったというのがこの音楽が出来上がっていくプロセスです。

ー音に関してはEDM以降のメソッドをもったポップソングでもあると思いますし、モダンな感覚を持った音楽だと思ったんですけど。むしろ、チャダイさんがピアノが達者な人だったらこうはならなかったんですね?

そうですね。音を重ねたりもしなかったでしょうし、恐らくもっとクラシカルな方向というか、ここまで踊れるものにはならなかったかなと。もし僕に痺れるほどの楽器的技術があれば、ピアノと歌だけのもっとシンプルなものになっていたかもしれないです。

ー2年前にリリースされた『#』は、今よりも若干と今よりレトロな音作りをされている印象があって。今年配信でリリースされている楽曲は、少し音の質感が変わったように思いました。

『#』を作っている時は、湯浅篤さんっていうアレンジャーの人と一緒に作業をしていたので、その影響ですね。僕はデモの段階から作り込むので、最初からかなり出来上がった状態のものではあったんですけど、湯浅さんと作業をする中で打ち込みの音色が変わっていきました。

ー何か新しいイメージが生まれてきたっていうことですか?

いや、宅録っていうものを僕がまだ深く掘り下げていない頃だったので、打ち込みの音はほとんどが何も考えずに使っていたものだったんです。それを湯浅さんに伝統のアナログリズムマシーンの音に変えてもらったり、細かい音色選びのところで勉強させてもらった感じですね。ホーンとかストリングスに関して言っても、僕が感覚的に入れていたものを、もうちょっとソウルとかの引き出しから引っ張ってきたようなフレーズに変えてもらったりして。細かい部分で伝統に乗っ取った音作りをしてもらったところがあるかもしれないです。

次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

"泣けるほど踊れる"YODAKEE

ヴォーカルのチャダイを中心に結成された、メンバーの人数や正体は謎のプロジェクト。
2017年6月にミニアルバム「#」(読み:シャープ)でデビュー。
同アルバム内で水曜日のカンパネラのトラックメーカー・ケンモチヒデフミ、Charisma.comのいつかとコラボ。

2017年11月と12月に2ヵ月連続配信シングル「そばにいてよbaby」、「奪わないでよ」をリリース。

2018年4月にはシンガーソングライター・ビッケブランカとのコラボ曲「Bachelor(feat.ビッケブランカ)」を配信限定リリース。

2019年2月より新曲と過去曲のRemixを織り交ぜ、毎月配信限定リリース中。
閉じる